ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

独占欲が強い、好きな人を横取り…私とあのコの友情が壊れた瞬間

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
独占欲が強い、好きな人を横取り…私とあのコの友情が壊れた瞬間

女同士の友情は、固い絆で結ばれることもあるけど、ささいなことがきっかけで壊れてしまうことも…。

 

渋谷の女子高生32人に「女友達とケンカしたことはありますか?」と聞いてみたところ、27人が「はい」と回答し、ほとんどの人が「ケンカ経験アリ」と判明!

 

そこで、彼女たちの“友情が壊れた瞬間”を探るべく、「どんなことが原因でケンカになったのか」を詳しく聞いてみることに。

 

部活に取り組む姿勢の違いで激突!

 

独占欲が強い、好きな人を横取り…私とあのコの友情が壊れた瞬間

 

▼「いつもお昼を一緒に食べる仲良しの友達がいたんだけど、同じソフトテニス部に入ってから関係が悪化…。

 

私は大会に出たくて練習を頑張っていたけど、友達は楽しければいいやっていう態度だったからケンカになった。

 

別の友達が間に入ってくれて一応仲直りはしたけど、結局微妙な感じになって今は連絡を取ってない」(高1・埼玉)

 

 

▼「同じバスケ部の友達とケンカしたことがある。

 

私は部活をちゃんとやりたい派だったけど、友達はワイワイ楽しくやりたい派で、言い争いはしなかったけど、お互いにパスを出さなかったり、雑用を手伝わなかったりして関係がギスギスしていった。

 

でも、途中から友達が部活を頑張りだして仲直りできた!」(高1・東京)

 

 

▼「バレー部の友達と、試合の攻撃パターンの違いで言い合いになってお互い引けなくなったことがある。

 

でも、その日の帰り道に『ごめんね』って謝って仲直り!」(高3・東京)

 

ケンカの原因でもっとも多かったのが、部活への取り組み方の違い

 

同じ目標を目指せなくなった瞬間、友情が壊れてしまった…という人が多数!

 

お互いに本気で取り組んでいるからこそ、戦略や練習内容でケンカになったのなら「ごめんね」のひと言で関係は戻るけど、そもそも目標が違う場合には、なかなか関係は修復できないよう

 

女子高生にとって“部活に取り組む姿勢の違い”は、人としての“価値観の違い”と同じことなのかも!?

 

お互いが求める“距離感の違い”で友情にヒビが…

 

独占欲が強い、好きな人を横取り…私とあのコの友情が壊れた瞬間

 

▼「いつも一緒にいた同じクラスの友達がいたんだけど、私が別の子とも仲良くし始めたことでケンカに…。

 

『なんであの子と仲良くするの?』って責められて、友達から『距離を置こう』って言われた。

 

もしかしたら私が『じゃあ、あの子とは会わないよ』って言うのを期待してたのかもしれないけど、このひと言を言っちゃう時点でもうムリ!」(高1・東京)

 

 

▼「小学校からずっと仲良しだった友達が、あんまり構ってくれなくなって不満を言ったら関係が悪化した。

 

『私ばっかりじゃなくてそっちからも誘ってほしい』とか、自分の気持ちをストレートに言い過ぎたのが原因かも…

 

2年ぐらい経つけど、それから一度も話してない」(高2・兵庫)

 

 

▼「クラスが離れてお互いに仲良い子ができて、自然と距離が離れてしまったことがある。

 

話す機会が減ったから『なんか怒ってるのかな?』ってお互いに勘違いして探り合ってた

 

結局、また同じクラスになったのがきっかけで仲良くなれた!」(高1・東京)

 

恋人同士にも似た“独占欲”が原因で、友情が壊れてしまったという人も多かった。同じ距離感を「心地いい」と思えないと、女子の友情は長続きしないみたい。

 

ただ、近すぎるだけでなく、気を遣いすぎて距離を取りすぎるのも「嫌われてるのかも」という誤解を招いてギクシャクする原因に…。

 

また、1対1の距離感だけでなく、

 

▼「幼なじみ3人で下校してるとき、私だけが友達のスマホに保存されてた写真をたまたま見ちゃった。

 

そしたら、もう1人の友達が仲間はずれにされたと怒って先に帰っちゃった」(高2・東京)

 

という経験を持つ子も。

 

女子が3人以上のグループで仲良くする場合、全員が平等な距離感で接していないとバランスが保てないのかも。女の友情って難しい…!

 

恋愛に関することが原因でケンカが勃発!

 

独占欲が強い、好きな人を横取り…私とあのコの友情が壊れた瞬間

 

▼「私が片想いしてた相手と親友が付き合ってた!

 

しかもそれを別の友達から聞かされた…。一番の親友だと思ってたから、1年くらい隠されてて本当に悲しかった。

 

今はもう完全に断絶状態。正直に言ってくれたら、ここまで関係が壊れることはなかったのに…」(高1・千葉)

 

 

▼「友達が昔片想いしてた男の子と私が付き合ってしまった。

 

直接報告しようと思ったけど、気まずくて言い出せないでいるうちに、他の誰かから聞いちゃったみたいで無視されるように…。

 

でも結局、ちゃんと話し合ってお互いに納得した上で仲直りした! 今も仲良し!」(高2・東京)

 

 

▼「友達の元カレと付き合ったら、友達はまだ元カレのことが好きだったみたいで三角関係に…。

 

結局、私は数カ月で別れたんだけど、そのあと、その男はすぐに友達とヨリを戻して別れて、別の女の子と付き合ってた。

 

それを知って『ただの女たらしじゃん! なんであんなヤツのためにうちらの関係が壊れなきゃいけないの!?』って盛り上がって仲直りできた!」(高2女子・茨城)

 

恋愛がらみのもめごとは、「自分の好きな人と友達が付き合ってしまった」という場合がほとんど!

 

でも、本当に友情が壊れてしまう原因は、“好きな人を取られたこと”ではなく“隠していたこと”みたい。正直に話してくれれば友情は保てたと考える人が多いよう。

 

また、恋愛に関しては「相手が最低男だった!」など、共通の敵(?)が見つかれば、こじれた関係も案外あっさり修復できるみたい。こうなったときの結束力の強さは、女子ならでは!(笑)

 

ケンカの原因はさまざまだけど、女子にとって“価値観の違い”と“隠しごと”は、友情にヒビが入る大きなきっかけと言えそう。

 

独占欲が強い、好きな人を横取り…私とあのコの友情が壊れた瞬間

 

あなたは、女同士の友情が壊れた経験ある…?

投稿独占欲が強い、好きな人を横取り…私とあのコの友情が壊れた瞬間はスタディサプリ進路/進路や高校生に関するニュース&コラムを配信の最初に登場しました。

関連記事リンク(外部サイト)

走れるのは高校生だけ!?  東京マラソン10kmで金メダルをGET!
新学期のリュックは決まった? 渋谷ロフトと女子高生モデルおすすめの通学リュック8選!
1位はあのバンドの名曲! 2017年高校生に響く定番卒業ソングランキング

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
スタディサプリ進路の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。