ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

CIVILIAN「生者ノ行進」MVは童話「ウサギとカメ」がモチーフに、日テレ「バズリズム」で地上波初パフォーマンス

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
CIVILIAN「生者ノ行進」MVは童話「ウサギとカメ」がモチーフに、日テレ「バズリズム」で地上波初パフォーマンス

3月1日にリリースされるCIVILIANのシングル「生者ノ行進」のミュージックビデオ ショートバージョンがYouTubeで公開された。

今作のミュージックビデオは、誰もが知っている童話「ウサギとカメ」をモチーフとしたドラマ仕立ての映像となっている。ウサギとカメの競走を通じて、楽曲のテーマでもある“人生における勝負・挫折・失敗”などバンドのメッセージを表現したモノとなっており、シナリオ段階からメンバーが参加して作り上げた意欲作だ。

今回公開された映像は、途中までしか視聴できないShort ver.だが、楽曲の全てと、物語の結末が観れる“完全版”は2月20日より、GYAO!にて2週間の限定公開が予定されている。

さらに、CIVILIANは、2月17日24:30〜にオンエアとなる日テレ「バズリズム」に出演することが決定。地上波でのパフォーマンスは初となる。

その他、「生者ノ行進」のフルver.楽曲先行デジタル配信が2月16日24:00〜からスタート。カップリングを含めたパッケージ配信のプレオーダーもスタートし、発売週には関東圏のCDショップでインストアイベントも実施が決定している。

2月後半にはLivemasters Inc.の設立5周年を記念したHello Sleepwalkers、Ivy to Fraudulent Gameとの3マン東名阪ツアー「Livemasters Inc. 5th Anniversary Tour “Dreieck”」にも参加する。

Gt.&Vo.コヤマヒデカズ コメント
「生者ノ行進」は、挫折や失敗や敗北を繰り返しながらそれでも歩こうとする人間の歌で、CIVILIANというバンドそのものの歌で、僕の歌であなたの歌です。
その「生者ノ行進」のMVとして監督から「現代版の『兎と亀』の物語をやりたい」と言われた時、僕らはすぐにその話に乗って、それならストーリーはこうだとか、ここでこんなシーンを入れようだとか、最後はこんな風に終わろうとか、全員で沢山の意見を出し合って、そうやって出来たのがこのMVです。
人は最初から、他人とは違うものを持って産まれてきます。背が高いとか低いとか、目が大きいとか小さいとか、沢山沢山、違うところを持って。その“違い”に生涯苦しめられる人もいれば、それによって愛される人もいます。“違い”をハンデと考えるか、それともギフトと考えるか。だけど少なくとも僕は、「これはギフトなんだ」と唱えて自分を納得させることは出来ませんでした。僕は“違い”に今もずっと苦しめられています。
今いる場所が嫌なら、どこかへ行きたいなら、何かを変えたいなら、そんな自分自身を壊して、自分の力でハンデをギフトに変えて、自分の足で歩かなければそこを抜け出すことはできません。だけれど幸運なことに、そうやってもがきながら歩いているのは自分一人ではありません。僕ら自身を含めて、この歌とMVはその全ての人達へ送る賛歌です。

CIVILIAN「生者ノ行進」(テレビアニメ「ALL OUT!!」オープニングテーマ)Short Ver.

番組情報
日本テレビ系「バズリズム」
2017年2月17日(金)24:30〜放送
番組公式サイト:http://www.ntv.co.jp/buzzrhythm/

リリース情報
シングル「生者ノ行進」
2017年3月1日発売

初回生産限定盤(CD+DVD)SRCL-9332〜3 1,800円(税込)

通常盤(CD)SRCL-9334 1,200円(税込)

期間生産限定盤(CD+ALL OUT!!オリジナルカレンダー)SRCL-9357〜8 1,800円(税込)
※アニメ書き下ろし絵柄紙ジャケット仕様

関連リンク

CIVILIAN アーティストオフィシャルサイトhttp://civi-l-ian.com/
CIVILIAN ソニー・ミュージックアーティストページhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/civilian/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。