ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

飲みやすい!!「高麗人参酒」でパワフルな毎日を

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


「なんとなく疲れがとれないな…」と感じたら、“滋養”をイメージした「高麗人参酒」を試してみてはいかが?

3月1日(水)に全国発売される養命酒製造の「高麗人参酒」は、複数のハーブをそのままお酒に漬け込む「合醸法(ごうじょうほう)」を用い、3つの人参と12種類のハーブを配合した、元気をサポートするお酒。

人参は乾燥高麗人参、蒸し高麗人参、エゾウコギを、ハーブはナツメ、クコの実、チンピ、ガラナ、リュウガン、ナルコユリ、ブラックペッパー、カルダモン、カンカニクジュヨウ、甜杏仁、マカ、霊芝を使用している。

ここまで読んで、「う~ん、なんだか飲みにくそう」と不安になった人もいるかもしれないが、特許製法によるハーブの組み合わせとリンゴ果汁、黒糖蜜により、その味わいは驚くほどクセがなくおいしい。

ストレートはもちろん、お燗(かん)やお湯割り、ロック、ソーダ割りなど、いろいろな飲み方ができるので、食事のおともやおやすみ前のリラックスタイムに、楽しみながら元気をチャージすることができる。


価格は、お試し感覚で購入できる200ml入りボトルが400円(税抜)、しばらく続けてみたい人用の700ml入りボトルが1330円 (税抜)。


養命酒製造ではこの「高麗人参酒」の発売に伴い、“癒しのお酒”として人気の「ハーブの恵み」、


“巡りのお酒”として昨年発売した「琥珀生姜酒」のデザインを一新。3種合わせて「健康のお酒シリーズ」として売り出す予定なのだとか。

おいしくお酒を味わいながら、元気でエネルギッシュな毎日を!パワー不足を感じたら、ぜひ一度お試しあれ。

詳しくはコチラ( http://www.yomeishu.co.jp/herb_liqueur/kourai/ )へ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。