ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本語の偽Google Playストアが出現、日本人をターゲットにGoogleアカウントやクレジットカード情報を盗むフィッシング事案が報告される

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Google Play ストアを装い日本人から Google アカウントやクレジットカード情報を不正に集収しようとするフィッシング詐欺が確認されました。トレンドマイクロが報告し、注意を呼びかけています。同社によると、今回のフィッシング詐欺では google.com ではないドメイン上で構築された偽 Gogole Play ストアで Google アカウントとパスワードやクレジットカード情報を入力させるようにしています。分かる人には一瞬で偽サイトだと見破られる完成度ですが、Google Play ロゴ(古いですが)を用いたり、登録の必要性を訴える内容なので、詳しくない人は迷うはず。特に、電話番号を宛先にする SMS を送信して誘導しているので、キャリアからのお知らせと同じような公式の通知だと間違ってしまうこともあるので注意が必要です。対処法はまず URL を見て google.com ではないドメインを疑うこと、また、Google の課金サービスはまず Google アカウントでログインした後に情報を入力するので、Google アカウントとクレジットカードの情報を同じフォームに入力することはまずありません。このことを把握しておくと被害に合わないと思います。Source : トレンドマイクロ

■関連記事
ポケモン、スマートフォン向け新ゲーム「はねろ! コイキング」を今春リリース
Googleが開発を進めている「Fuchsia」と「Andromeda」は同じOS?
ビックカメラ、BIC SIMが6ヵ月間通信量2倍となる「通信量2倍キャンペーン」を開催

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。