ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

映画『スーサイド・スクワッド』続編、メル・ギブソン、ジョナサン・レヴィン、ルーベン・フライシャーが監督候補に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米ワーナー・ブラザースは、ヒット映画『スーサイド・スクワッド』の続編に向けて指揮権を引き継ぐ監督を探し始めた。一握りの候補者たちの中で、メル・ギブソンがおそらく最も大きなサプライズだろう。

複数の情報筋が本紙ヴァラエティに伝えたところによると、ワーナーの関係者らは、ギブソンに加えて、ルーベン・フライシャー(映画『ゾンビランド』)、ダニエル・エスピノーサ(映画『デンジャラス・ラン』)、ジョナサン・レヴィン(映画『ウォーム・ボディーズ』)と面会した(あるいは面会する予定だ)。

ワーナーはコメントを控えた。

内部関係者は、監督の候補はさらに増える可能性があり、現在のところ最有力候補はいないと語る。

『スーサイド・スクワッド』は、デヴィッド・エアーが脚本・監督を務め、ウィル・スミス、マーゴット・ロビー、ジャレッド・レトーが出演した。同作は、ヴィランやアンチヒーローの集団(デッドショット、ハーレイ・クイン、ジョーカー、キャプテン・ブーメラン、キラー・クロックなど)が罪状を軽くしてもらう見返りに政府への奉仕を強いられるストーリーだ。

同作は、ファンや批評家から賛否両論があったものの、7億ドル以上の興行総収入を記録し、続編の製作は当然の結果と言える。

ギブソンは、ヒット映画『ハクソー・リッジ』で10年ぶりに監督を務め、もし『スーサイド・スクワッド』の続編を監督することになれば、米パラマウント・ピクチャーズによる映画『ブレイブハート』以来のメジャー・スタジオ作品の監督業を担うことになる。

ワーナーのギブソンへの関心についてのニュースは、Deadline Hollywoodが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。