ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

アニメ・漫画・ゲーム脚本で活躍中の深見真が語る「キャラクター・ストーリー作りの極意とは?」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

富野由悠季さんに褒めてもらえたドラマ企画

深見氏は、大学在学中から小説を書き始めている。

「正直に言って、他にやりたいことがなかったんです。アルバイトをしたり、面接を受けたりしましたが、どうにもピンと来なかった。書き始めたきっかけは、すごくぼんやりしたものでした」

小学生の頃から、文章を書くのは好きだった。だが、プロになろうと思っていたわけではない。

「最終的には、就職したくない、という気持ちが一番大きかったのかもしれないです。性格的に、どうにもうまくいかない気がして。大学もいろいろあって辞めてしまうんですが、決まった時間に決まったところに行くのが、苦手だったんですよね」

本を読むのも大好きだったが、映画も好きだった。大学在学中どころか、浪人中も映画にどっぷりハマっていた。

「親には本当に申し訳なく思っていますが、予備校や進学準備の資金を9割映画とレンタルビデオにつぎ込みました。ほとんど予備校には行かずに、映画ばかり観ていましたから。当時、レンタルビデオは結構高かったんです。本は図書館と古本屋をフル活用していました」

自分で書き始めたら、大量の原稿を書き進めてしまう自分がいた。1カ月に700~800枚。一年ほどで15~16作は書いていた。

「必要にかられて、です。そうしないと就職することになる。したくないなら書くしかない、と(笑)」

小説のみならず、ドラマ企画の賞にも挑んだ。

「ドラマ企画コンテストのとき、審査員だったアニメ監督や原作や脚本、小説家として著名な富野由悠季さんに褒めてもらえたことがあったんです。これはうれしかった。小説でもドラマでもアニメでも漫画でも、要するに、ストーリーを考えることが好きだったんですね。物語ならなんでもよかったんだということに気が付いて。実際、どんどん話が浮かんでくる。やりたいことが内側から出てこないと、この仕事には向いていないですから」

2000年にミステリー賞を受賞、デビュー作となったのは、小説。だが、ほろ苦いデビューだった。

「ものすごく売れなくて(笑)。運が良かったと思うのは、まだTwitterもないし、匿名掲示板も盛んじゃなかったことです。そんな時代に、あれだけ自分の本にネットを通して悪評が入って来ていましたから、もし今くらいソーシャルメディアがあったら、僕は筆を折っていたと思います」

もともと自分が書きたかったのは、アクションだった。ところが、応募したのはミステリー。

「ねじれ感を消せないまま、強引に展開してしまったんですよね。でも、このときも審査員の有栖川有栖先生がとても褒めてくださって」

3~4年、書き進めるものの、なかなか売れない厳しい時代が続いた。転機になったのは、作家の山下卓氏との出会いだった。

「勝手に僕が師匠と呼んでいる人です。たまたま出版社で打ち合わせをしていたら、担当編集者が同じだった山下さんが通りかかりまして。普通なら、単なる挨拶で終わったのかもしれませんが、お互い、ひとつ共通項があったことに気づいていて。それが、押井守監督の知り合いだったことでした」

深見氏は押井氏と縁があり、一度だけ本の帯の推薦文をもらっていたことがあった。山下氏と押井氏につながりがあることを知っていた深見氏が押井氏についての話をするうち、実は家が近所だったことがわかった。

「仲良くしていただくことになって、それからたくさんの編集者を紹介してくださったんです。この出会いをきっかけに出た本が、ようやく売れるようになって、今に至るんです」

この苦しい時期、深見氏はもうひとつのチャレンジをしていた。それが、漫画の原作の賞への応募だった。ここでも、賞を取る。

「本は出ていましたが、小説だけではとても食っていけない。漫画をやろう、と思ったんですね。ここから漫画に関わるようになり、アニメの世界にも呼ばれるようになったんです」

コンピュータハッカー事件を中心としたストーリー協力

そして『王様達のヴァイキング』の企画に出会った。2013年のことである。

深見氏に期待されたのは、ドラマの原作ではなく、コンピュータハッカー事件を中心としたストーリー協力だった。

「事件のプロットを組み立てる仕事です。こんな事件が起きて、こんな山場があって、こんなふうに解決する、というのは、どうでしょうか、と」

大枠の事件が始まる3カ月ほど前から、準備は始まる。読者にとって身近な事件、いつか起きそうな事件、という目標があるため、深見氏は常に世の中にアンテナを立てている。

「コンビニATMのハッキングを事件の題材としたことがありましたが、それはATMを使ったことがない人はまずいないだろう、という身近な存在だったからです。そんなATMがハッキングされて、お金を出される事件になったとしたら、面白いな、と」

面白そうな事件は必ずブックマークし、メモしておく。

ストーリー以外にも、さまざまな相談を随時受けるという。刑事小説を書いている深見氏は、警察機構にも詳しい。また、アクションやバイオレンスも、日々さまざまに情報収集している。

「なんか、絵的にいい拷問とかないですか、なんて質問ももらいます(笑)。あとは法律関係や、警察はこの場合、どの部署が動くのか、とか。こういう細かいところも、ストーリー協力の仕事です」

だからこそ、物語は極めてリアルに読める。こうして深見氏はストーリーを仕上げていくのだ。

SNSから始まった仕事がいくつもある

最近では、『BIOHAZARD: VENDETTA(バイオハザード:ヴェンデッタ)』のフルCG長編映画化にも携わり、脚本を担当した。

「人気ゲームのキャラクターを動かせたのは、文句なしに楽しかったですね。いちゲームファンとして、このシリーズを楽しんでいた昔の自分に教えてあげたいです(笑)」

そしてこの仕事、ツイッター経由で制作側からコンタクトがあったのだという。

「なんとも今ふうですよね。でも、これに限らずSNSから始まった仕事がいくつかあって、やっぱりいろいろやっておいて良かったなぁと感じています」

初めて会ったプロデューサーから、「ブログ読んでますよ!」「深見さんの映画の感想面白いですね!」と話が盛り上がって、とんとん拍子に仕事が進むこともあるという。

「最近ではSNSは名刺代わり、履歴書がわりになっています」

『バイオハザード:ヴェンデッタ』では、漫画原作やストーリー協力の場合と同じで、専門的な知識はその道のプロに取材したのだそうだ。ウィルスや生物兵器関係である。

「人は同じ世界、社会に生きていますが、見ているレイヤーはまったく違います。レイヤーが異なると、解像度もまったく変わってきます。人間って、自分の興味がないことについては、理解度が落ちるんです。専門家から解像度の高い話を引き出すのが、この手の取材の醍醐味ですね」

そしてもうひとつ、最近の注目の仕事が、漫画原作としての新連載『世界を良くする残酷なメソッド』だ。

「知り合いの編集者さんと、ぼんやりした打ち合わせを数年重ねるうちに、ようやく形になりました。こんなふうに、フワフワした感じで育っていく仕事もあります」

学校では目立たないが「有害なものを排除する」と大量殺人をする青年についての描写から物語は始まる。脳科学とガンアクションを組み合わせたストーリーには、苦労したという。通常は接点のない分野だからだ。四苦八苦しながら、現在の設定につなげていったとか。

「漫画原作の仕事はすべてそうですが、絵がなければ、ただのシナリオ。完成品の原稿が仕上がるたびにドキドキします。山波幸介さんの漫画力の高さ、絵柄のカッコ良さをぜひ楽しんでほしいです」

深見氏がストーリー作りの糧としているのは、とにかくインプットをたくさんすることだ。なるべく理解力を要する映画や本を、大量に摂取するのが一番手っ取り早いという。

ただし、きちんと戦略を立てておかないと勉強もインプットもすべて無駄になる。

「自分に必要な知識はなんなのか、これからの自分がどんなものを作っていくべきなのか、その目標にそった正しいインプットを選択することでようやく自分の血肉になります。キャラクターを考えるときは、そのキャラクターを通して『なにを語りたいのか』を見失うことがなければ、あまり悲惨なことにはならないでしょう。

コンテンツの企画制作を志すならば、とにかく『楽しい』人間であることが大事。SNSで気楽に情報発信していても、それを仕事につなげる人もいれば、ただ単に世界を狭くしているだけの人もいます。明るく楽しい人柄というのは、ただそれだけで武器になると思います」

小説家、脚本家、漫画原作者 深見 真氏
1977年、熊本県生まれ。小説家、漫画原作者、脚本家。2000年に第1回富士見ヤングミステリー大賞を受賞、2002年角川Next賞受賞。TVアニメ『PSYCHO-PASS 劇場版』(虚淵玄と共同脚本)にて、ニュータイプアニメアワード脚本賞受賞。漫画原作者、映画・アニメ脚本家としても活動中。ビッグガンガンコミックス『魔法少女特殊戦あすか』原作、角川書店『ちょっとかわいいアイアンメイデン』原作、ビッグコミックスピリッツ『王様達のヴァイキング』ストーリー協力。2017年5月27日公開映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』脚本。

(執筆:上阪徹 撮影:設楽政浩)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。