ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

妊娠高血圧症候群の疑いで再検査!前日夜から食事なし&大量の採血。空腹と恐怖で意識が遠のきそう…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20160923204942j:plain

三男出産時の出来事です。

1月後半が出産予定日だった三男。12月は次男の誕生日やクリスマスなど、私は食事に関する多くの誘惑を控えていました。ただでさえ、妊娠後期は体重が増えやすい時期。寒くて外にも出たくないので運動もしておらず、私の体重は増えるばかり。そんな生活を送っていると、どんどん血圧が高くなり、12月はじめ頃、「妊娠高血圧症候群」になる恐れがあるとの診断を受けました。

すぐに入院するか、自宅で食事制限をするかの選択に迫られました。「入院した方が何かと楽ですよ」と病院に言われましたが、長男、次男(当時1歳)もいましたので、入院して家を空けるわけにもいかず、自宅で食事制限することを選択。血圧が上がらないような食事を選び、食べることにしました。

まず、血糖値が上がるのを避けるため、夜の炭水化物を控えるようにしました。食事の際は、食べる順番にも気を付けました。まず、サラダでお腹を満たします。それから味噌汁やおかずという具合に工夫をしていき、和食中心、甘いものを控えるように…と努力を続けていきました。 関連記事:2人目だから余裕♪のはずが、まさか?妊娠糖尿病の疑い!ブドウ糖負荷試験の結果は

そして、約2週間後、いよいよ再検査の日。「前日の夜7時から食事を摂らないように」とのことでしたので、前日夜7時までに軽めの夕食を済ませ、あとは水だけで何とかしのぐことに。この再検査で引っかかれば即入院だったので、それを避けるために必死でした。これまで以上に食事に気をつかい、毎日体重計とにらめっこ…と自分なりにがんばってきたので、入院はしたくないと思っていました。

検査の朝、若干お腹が空いていましたが、9時の予約だったので「9時に採血して、その後すぐに食べられるでしょ」と思っていました。でも、その期待は裏切られました。予約こそしていましたが、大きな総合病院だったので順番待ちからはじまり…。ようやく順番が来たかと思いきや「1時間後に採血しますので、お待ちください」とのこと。「えーーーー!?」と、かなりの衝撃が走る私。順番が来たら、すぐに採血してくれると思っていたので、ショックを受けました。

その時には、お腹がすき過ぎてフラフラしていました。そして、1時間後に改めて採血に向かうと、今度は結構な量の血を抜き始めたのです。その量、4本。「もうダメだ…」私はこの光景を見て、空腹と恐怖で、意識が本当に遠のきそうでした。「こんなに血を抜かれるなんて…」と心の中で悲しくつぶやく私。しかし、長男出産時の採血で一瞬気を失ったことがあったのをハッと思い出し、今度はドキドキしてしまいました。

長い空腹と採血に耐え、看護師さんからやっと「食べていいよ!」とOKをもらうと、すぐにバッグに忍ばせていたおにぎりを食べました。そのおにぎりの美味しかったことと言えばもう…!!感激でした。

今思い出しても「もう2度とあの空腹は味わいたくない…」とぞっとします。妊婦の時の食事制限や長時間食事を抜くということは本当に辛いことだと感じました。次に妊娠することがあれば、最初から食事に気を付けたいと思います。

ちなみに、採血の結果、入院は避けることができました! 関連記事:超優良妊婦だったのに…妊娠高血圧症候群が重症化、ヘルプ症候群で緊急帝王切開に

著者:Mayumi

年齢:30代

子どもの年齢:8歳、4歳、2歳

3人の男の子を、涙あり、笑いありで、毎日奮闘しながら育てるママです♪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

超優良妊婦だったのに…妊娠高血圧症候群が重症化、ヘルプ症候群で緊急帝王切開に
妊娠高血圧症候群になり、陣痛誘発剤を使用して生みました。
妊娠高血圧症の疑い

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。