体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無料のインテリアコーディネートサービスを受けてみました。申込みから完成までをレポート

boconcept_interior-design-service_01

ボーコンセプト「インテリアデザインサービス」利用者を取材レポート

インテリアにはこだわりたいけれど、自分ですべては選べない、誰かの力を借りたいという声は少なくありません。そんな声に応えるサービスとして、インテリアコーディネートサービスがあるのをご存じでしょうか? 専属のインテリアコーディネーターと契約するハイエンドのサービスもありますが、各種インテリアショップでも無料のサービスを実施しているところがあります。

どこまでが無料?

どんな仕上がりに?

興味はあるけれど、分からないことも多いというのが正直なところ。今回は、北欧・デンマークのブランド・BoConcept(ボーコンセプト)が実施している「インテリアデザインサービス(無料)」を取材し、申込みから完成までを追跡レポートします。実際に利用された方の声を通じて、インテリアコーディネートサービスを追体験してみてください。

BoConcept(ボーコンセプト) 世界59か国、260の店舗を展開するグローバルなインテリアブランド。モダンでデザイン性の高いデンマークデザインの家具を提供する。一方で「適正な価格」への意識も共存し、見事にバランスされたプロダクトが国境を越えて愛されている。 boconcept_interior-design-service_02【サービスを受けられた方】髙原真由美さん 一般社団法人「日本ライフオーガナイザー協会」の代表理事として大阪を拠点に活動。東京にセカンドハウスを新設するにあたり「インテリアデザインサービス」を利用。「ミーティングルームとしても利用するため、質の良い物を揃えたいと考えていました。仕事が忙しく、小物までトータルで揃えられることと搬入作業まで考えるとプロに相談した方が良いと判断し、今回お任せすることになりました」。 まず、髙原さんが依頼した部屋のコーディネート前の状態がこちら。 boconcept_interior-design-service_03

「雰囲気が気に入り即決しましたが、壁の配線が気になっていました」(髙原さん)。

boconcept_interior-design-service_05

「壁が味気ないのも気になっていた点。壁面のデコレーションも依頼したいです」(髙原さん)。

boconcept_interior-design-service_04

ダイニングセットは既に所有している一式があり、それを使い続けることがコーディネートの条件の1つ。「手持ちの物を取り入れてもらうことを想定していました」(髙原さん)。

リノベーションされたスタイリッシュな内装の物件。素敵な空間にできそうですが、特徴を最大限使いこなすには相応のセンスが必要とも感じます。

どうコーディネートするかを考えるにあたり、以前からボーコンセプトのことは知っていた髙原さん。 boconcept_interior-design-service_19

ボーコンセプトのウェブサイトで「インテリアデザインサービス」を見つけます。

無料ということもあり、まずは予約。希望のショップを選ぶ必要がありますが、髙原さんは物件近くの店舗「BoConcept 日本橋店」をセレクト。送信翌日には返信があり、来店日時を取り決めます。

boconcept_interior-design-service_06

予約日時に来店。この時点では特に持ち物は不要ですが、コーディネートを依頼する部屋の図面があるとスムーズに進みます。

店舗で行うファーストステップは、希望やイメージを担当するスタッフに伝えること。

boconcept_interior-design-service_07
1 2 3次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。