ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

アラサーになったらダイエット法を変えよ!代謝を高める生活のコツ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

アラサーになったらダイエット法を変えよ!代謝を高める生活のコツ
30代になると、“今まで通り”の生活では太りやすくなってしまたり、これまで成功していたダイエットではうまくいかなくなったりしてきます。筋肉量が減り代謝が落ちてくるのを阻止して、メリハリボディをキープする生活に切り替えましょう。

食事はしっかりしてOK!ただし、夜だけはちょっぴり工夫して

「代謝が下がってきたから」と食べる量を極端に制限しては、我慢続きのストレスによる食いを招いたり、筋肉のはたらきがさらに減退したりして、太りやすい体質を招いてしまいます。

朝ごはんもランチも、しっかり楽しんでエネルギーを消費しましょう。意識したいのは、夜。食事後にエネルギーを消費する行動が少ない夜は、量を少し減らしてカロリーオーバーを防ぎましょう。野菜とたんぱく質を食べ、炭水化物を少なめにすることで、疲労回復や筋肉の修復に必要な栄養素をチャージしながらカロリーコントロールができますよ。

朝の食事のイメージ

カロリーではなく、食事のバランスを重視

どんなに低カロリーでも、必要な栄養素が不足すれば代謝が下がります。また、摂取カロリーが適切でも、脂質や糖質に偏っては太りやすくなってしまいます。

食事は、カロリーの総量よりもバランスを重視。色とりどりの、様々な食材を取り入れることで、栄養バランスを整えましょう。

菓子パンや丼もの、麺類などの“単品もの”は避け、和定食のように野菜たっぷりの副菜に肉や魚、卵、乳製品の主菜を。汁物で満足感をプラスしましょう。

運動を始めるよりも、日々の行動にメリハリを!

いきなり運動量を増やすのは、正直難しい…。そんな場合でも、大丈夫。日々の過ごし方でインナーマッスルを鍛え、消費できるエネルギーを増やしながらボディラインのメリハリをキープしましょう。

一番大切なのは、「呼吸」と「姿勢」。お腹を凹ませながらの深い呼吸は、お腹の両側にある筋肉を引き締め、くびれを実現・キープする効果が期待できます。また、いつでも背筋を伸ばして胸を張る姿勢を心がけることで、体液循環の停滞を防ぎ、代謝を高める効果が期待できます。

呼吸と姿勢のイメージ
エスカレーターやエレベーターよりも階段を、ちょっとそこまでの買い物には自転車よりも徒歩を、というふうに運動のチャンスを確保することで、運動量もキープしましょう。

30代には、30代のボディラインの引き締め方があります。ライフスタイルを大きく変えずに行うことが、成功のコツ。家事や育児、または仕事などに追われやすいアラサー世代になっても、日々の生活の仕方を工夫して、美しいボディラインを実現・キープしていきましょう。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

眠りが浅い意外な原因!健康のために続けている〇〇〇が良くないって本当?
現役モデルが教える、簡単痩せ習慣♡日頃のちょっとした工夫とは
大顔の原因は「肩こり」!?肩をほぐして小顔を叶えるエクササイズ
略奪って…アリですか?彼女持ち男子へのアプローチ法
【レシピつき】冬野菜の定番「ごぼう」で便秘解消&アンチエイジング!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。