ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

人気急上昇の電子タバコ、気になるメリット・デメリットは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
人気急上昇の電子タバコ、気になるメリット・デメリットは?

欧米を中心に普及が進んでいる電子タバコ、日本でも人気が出て、使用する人が増えています。広告の影響もあり、従来の紙タバコに比べて、電子タバコは体への害が少なくクリーンなイメージがあります。しかし実際はどうなのでしょうか。気になりますね。

電子タバコはタバコにあらず

電子タバコの特徴は火を使わないことです。液体を電気で熱し、霧状になったものを吸います。厳密に言えば、電子タバコはタバコではありません。なぜなら法律上タバコとは、タバコ葉を使用しているものをさすからです。また電子タバコ専用リキッドは、紙タバコに比べて有害物質の量がずっと少いうえに、特に日本で販売されるリキッドは、ニコチンが含まれていないものとされています(しかし海外から個人輸入でニコチン入りリキッドを購入することが可能です)。あるいはニコチンは含んでいてもタールが大幅カットのものが多い様です。これらの点から、電子タバコは紙タバコに比べて体に優しいとされるようですね。

電子タバコ、その人気は衰え知らず・・・

近年、世界のタバコ会社は電子タバコの販売に力を入れており、日本でも日本たばこ産業株式会社(JT)が海外の電子タバコ会社の買収を進めています。これからますます電子タバコの普及が進んでいくことが考えられるでしょう。人気の電子タバコですが、健康面に関し疑問点をあげる人が多いのも事実です。というのも、タバコ会社の宣伝アピールに反し、電子タバコの害については解明されていないことも多いのです。ここで電子タバコに関するメリットとデメリットをあげてみましょう。

◯電子タバコのメリット

●紙タバコに比べてお金がかからない

初期投資として電子タバコの装置を買う必要がありますが、電子タバコ用リキッドは比較的安価。長い目で見れば、紙タバコよりもずっと節約になります。

●禁煙の助けとなる

習慣となっている喫煙を急にストップするのは難しいもの。電子タバコに変えることで、紙タバコの本数を減らしていくことができるかもしれません。しかし本人の意思によるところが大きいです。

●健康への被害が少ない

日本で販売される電子タバコ用リキッドにはニコチンが含まれていないとされ、またタバコ葉を燃やさないので有毒なタールが発生しません。あるいはニコチンを含んでいてもニコチンより健康被害の影響の高いタールが大幅カットされていることを売りにしているものもあります。しかし電子タバコが及ぼす健康被害には賛否両論あります。

◯電子タバコのデメリット

●健康への影響について不明な点が多い

日本禁煙学会の報告によれば、紙タバコと同様に電子タバコはニコチンを含み、また種々の発がん性物質を含むとしています。電子タバコは普及して間もなく、電子タバコが体に与える影響は現在不明、解明されるまで年数がかかるようです。

●周囲による受動喫煙の恐れ

煙が出ず目に見えないので、知らないうちに受動喫煙となる恐れがあります。

●喫煙量が増える恐れ

簡単に電子タバコ用グッズが買え、吸うことができるので、喫煙量が増える恐れがあります。

電子タバコはその手軽さから人気を博していますが、健康面に関して不明なことが多いとのことです。それに電子タバコ用リキッドには多くの製品が存在し、その成分は様々、中には有害物質を含む粗悪なものも少なくないようです。広告などに惑わされることなく、確かな目をもって選んでいきたいですね。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。