体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

確率低いの承知の上? TV超能力事件捜査の意義とは


週刊プレイボーイ/週プレ 2017-02-06 発売号
Fujisan.co.jpより

 

1月中旬、CIA(アメリカ中央情報局)が、長く極秘にしていた資料を一般公開した。その中に1973年に超能力者ユリ・ゲラーの透視能力を実験した内容が含まれていて話題となった。8日間に渡る実験で「彼は本物である」という結論に至ったという。

 

このニュースはネット上でも盛り上がったが、その中で、「テレビでやる、超能力者の犯人探しや行方不明者探しは本当なのか?」

 

そんな話まで飛び出していた。よく、テレビの特番で透視能力による人探しを放送している。ユリ・ゲラーが透視による人探しをやったことがあるかどうかは知らないけれど・・・。

 

そこで、超能力者による事件捜索番組について、私が知っていることと、リサーチして得た情報を少しまとめてみたい。先に言っておくが、私は超能力について肯定も否定もしない。うさん臭いのは信じないし真実っぽければ信じるスタンスだ。

 

そもそも100%じゃない

 

「結局、発見できないじゃん」。ついつい見てしまい、いつも思う。皆さんも同じだろう。

 

超能力者が海外で目的人物の居場所を透視して、手がかりとなりそうな街、風景、建物、人物像へと徐々に迫っていく。スタッフが探し周ると、次々と言ったことに当てはまる場所が見つかり、超能力者が来日までするが、最後には行き詰まって目的の人物発見には至らない…というパターン。

 

「インチキだ!」「ウソつきだ!」「ニセモノだ!」とこき下ろす声が飛ぶ。まぁがっかりするけれど、これは当たり前といえば当たり前なのだ。だって、超能力者の的中率は100%じゃないし、むしろ低いから。

 

超能力者たちの実力は!?

おなじみFBI超能力捜査官ジョー・マクモニーグル

 


ムー 2016-03-09 発売号
Fujisan.co.jpより

 

その解決率は驚異の80%と謳っている・・・がしかし、調べてみるとちょっと疑惑が。まず、FBIに「超能力捜査官」という役職はない。FBIの捜査に何らかの形で協力したにすぎないのだろう。アメリカで本人がそんな肩書を名乗り仕事をしようものなら問題だ。つまり日本のマスコミがセールス用に名付けたのだ。

 

他にも、透視的中率90%ゲイル・セントジョーン、77%ナンシー・マイヤーといった超能力者が有名だが、この的中率の高さが不可解。的中率とは何を的中とするかだ。

例えば、透視した都市の頭文字とか、地形、建物、などのワードを10個挙げたとして、こじつけでも当たりを9個としたら90%になる。これが的中率のからくりではないかと思う。

 

マクモニーグルは解決率80%と謳われている。解決は案件を解明させた事になるが、この数字の高さは異常。おそらく、ちょっと事件に関わっただけで、のちのちに解決したものも含んでいるのではなかろうか。日本の番組で解決できた件は皆無に等しいのだから眉唾的な数字だ。

 

だから、ウリ文句にほだされ超能力者たちを過信しているかもしれない。

 

本当に事件捜査に携わっているのか?

番組を見ると、冒頭で、警察と共同捜査をして事件を解決に導いた事例が紹介される。超能力を利用するなんて「海外ってすすんでるな」「映画みたいことするんだな」なんて思う。

1 2 3次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会