体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カエラがUAがルルルルズがウルフルズを歌う トリビュートAL全曲試聴動画を公開

カエラがUAがルルルルズがウルフルズを歌う トリビュートAL全曲試聴動画を公開

2017年5月13日にデビュー25周年を迎える国民的ロックバンド、ウルフルズ。

25周年イヤーの幕開けを告げる記念企画として、2月22日(水)に発売されるウルフルズ初のトリビュート・アルバム『ウルフルズTribute~Best of Girl Friends~』の全曲ダイジェスト動画が公開された。

ダイジェスト動画では、Superfly「ヤング ソウル ダイナマイト」、JUJU「笑えれば」、木村カエラ「ガッツだぜ!!」など、全12曲のフレッシュなカバーを聴くことが出来る。

この企画アルバムは、トータス松本の「あえて女性の声で自分たちの楽曲を歌ってもらったら面白いのでは?」というアイディアからスタートしたものであり、参加アーティストは、阿部真央、UA、片平里菜、木村カエラ、JUJU、Superfly、チャットモンチー、ハンバートハンバート、ふくろうず、BONNIE PINK、松崎ナオ、ルルルルズ。個性的な12組のアーティストが集まり想い想いのアレンジでウルフルズの楽曲を独創的に仕上げた非常に面白い内容になっている。

参加アーティストからのコメントは以下の通り。

【阿部真央】
いつかカバーを歌うならウルフルズさんの「ええねん」が歌いたいとずっと思っていたので、今回の記念作品でこの楽曲を歌わせて頂くことが出来て本当に光栄です。
これからも日本を代表する最高に格好良いバンドであり続けて下さい。ずっとファンです!

【UA】
この『歌』を唄うとき、胸の奥が熱くなるのは、若かった頃へのノスタルジックな想いもされど、まだ青春は終わっていない!ことの証しにちがいない、とめっちゃ思いました。名曲をありがとう!ストーンズみたく、Rock’n’ Soulし続けてください。

【片平里菜】
今回ウルフルズさんのトリビュートアルバムに参加することが出来てとても嬉しいです。”サムライソウル”はとにかく男臭くて率直でちょっと恥ずかしい気もするけれど、トータスさんの気迫のこもった歌にグッときてしまいます。どんなにへこんでもかっこ悪くても、それを肯定するほどのパワーに人間の深さを感じます。今回、ミュージシャンも全て女性にお願いしました。ドラムの山口美代子さん、ベースのTOKIEさん、ギタリストでシンガーソングライターのReiちゃんと、スタジオでアレンジを詰めるところからレコーディングまで4人で作ることが出来ました。尊敬するミュージシャンでもあり、かっこいい女性だと思える3人とのセッションはは とても貴重な時間でした。地に足がついた強かさも感じれる”サムライソウル”になったと思います。是非聴いてください。

【木村カエラ】
「ガッツだぜ!!」は自分が困難に立ち向かっていたときに勇気づけられた思い出の曲です。今でもこの曲を聴くとその時のことを思い出して頑張ることが出来ます。大切な曲を歌うことが出来てとても嬉しく思います。ウルフルズ25周年バンザーイ!

【JUJU】
ウルフルズ25周年おめでとうございます!今回「笑えれば」を歌わせていただいたのですが、本当にウルフルズのシンプルな強さにやられてしまいました。これからもトータスさんの素敵な歌とウルフルズについて行きます!!カッコいいなぁー♡

【Superfly】
25周年おめでとうございます。トリビュートアルバムに参加できて、とても光栄です!
歌レコーディング時、ひさびさに体中が熱くなって、とても興奮しました。個性的でクールな曲をカバーできて、とても楽しかったです。これからもウルフルズの楽曲で、日本中を熱くさせてください!

【チャットモンチー】
お話を頂いた時、とてもうれしくて、迷わず「かわいいひと」を選ばせてもらいました。アレンジは、私たちの地元徳島とウルフルズのイメージをどうにかMIXできないかと練りに練って仕上げました!ウルフルズ公認で、ウルフルズの曲を演奏できる日が来るなんて!!

【ハンバートハンバート】
(佐藤良成)
高校のとき、ウルフルズのコピーをやろう!  と同級生と盛り上がったことがあり、それぞれの芸名も考え、バンドスコアも買ったのに、残念ながら実現しませんでした。それがまさか20年越しに叶うなんて。ちなみに私は鼻炎持ちだったので、ズルズルビェンスケという名前でした。
(佐野遊穂)
夏感の無い私たちがどうこの曲を乗りこなせるか頭を悩ませた結果、こんな風に仕上がりました! タイムマシンに乗れるなら、1995年の私(大学1年生)に、「将来ウルフルズの25周年トリビュートに参加するんだよ」と耳打ちしてあげたいです。

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。