ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【ビルボード】第1位は大井健のセカンド・アルバム『Piano Love II』

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】第1位は大井健のセカンド・アルバム『Piano Love II』

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsの第1位は、大井健のセカンド・アルバム『Piano Love II』がリリース直後堂々の第1位に躍り出た。スマートフォン『Xperia』イメージソング「VOICES」のオリジナル・ピアノソロアレンジバージョンや、溝口肇の書き下ろし楽曲をはじめ、クラシック、映画音楽、ニューエイジの名曲を収録。アルバム発売記念インストアライブやソロ全国ツアーが2月後半から3月にかけかけて開始されるため、今後もチャートを賑わせてくれそうだ。

 2位には、高嶋ちさ子と12人のヴァイオリニストによる『MUSE ~12 Precious Harmony~』がチャートイン。2016年の7月にリリースされ、19回目のチャートインとなった。現在、高嶋ちさ子と12人のヴァイオリニストは10周年記念の全国ツアー中だ。この影響か8位にも葉加瀬太郎、高嶋ちさ子、古澤巌の同事務所3人による『BEST OF THE THREE VIOLINISTS』がチャートインしている。

 そして3位には、グスターボ・ドゥダメルが指揮に立ったウィーン・フィルの『ニューイヤー・コンサート2017』がチャートイン。これで3週連続のチャートインを記録。順位は1位から徐々に下がっているものの、ドゥダメルの人気振りをうかがわせる連続チャートインとなっている。text:yokano

◎【Billboard JAPAN Top Classical Albums】トップ10
1位『Piano Love II』大井健
2位『MUSE~12 Precious Harmony~』高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト
3位『ニューイヤー・コンサート2017』グスターボ・ドゥダメル
4位『菅野祐悟:交響曲第1番~The Border~』菅野祐悟
5位『0歳からの育脳クラシック』
5位『ラ・カンパネラ~革命のピアニズム』金子三勇士
7位『ラプソディー・ジャパン』村治佳織
8位『BEST OF THE THREE VIOLINISTS』葉加瀬太郎,高嶋ちさ子,古澤巌
8位『ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調 Op.55「英雄」』ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
10位『100曲クラシックベストが10枚3000円』

関連記事リンク(外部サイト)

Billboard JAPAN Top Classical Albums 2017年2月20日付
新国立劇場、来シーズンのオペラ・ラインアップは『神々の黄昏』で開幕、細川俊夫『松風』も
西本智実×高見沢俊彦、クラシックとロックの革新の舞台がいよいよ幕開け

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。