ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

キヤノン、スマートフォン連携対応の新型デジタル一眼レフ「EOS 9000D」と「EOS Kiss X9i」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

キヤノンは 2 月 15 日、スマートフォンからのリモート撮影などが可能なエントリークラスのデジタル一眼レフカメラ「EOS 9000D」と「EOS Kiss X9i」を発表しました。それぞれ、2 年前に発売された EOS 8000D と EOS Kiss X8i の後継モデルとなる小型のデジタル一眼レフカメラです。EOS 9000D のグレードは EOS 80D の下に位置します。どちらも、Wi-Fi、Bluetooth(v4.1)、NFC に対応しており、スマートフォンで画像閲覧やリモート操作、画像のワイヤレス転送などが可能です。NFC に対応しているので、ワンタッチでスマートフォンとペアリングすることができます。EOS 9000D と EOS Kiss X9i の特徴は 2,420 万画素のデュアルピクセル CMOS AF(APS-C サイズ)や 45 点の多点 AF に対応するなど、オーカス機能が向上した点です。連写も 6 コマ / 秒に増えています。また、DIGIC 7 を搭載しているので、画質にも優れています。また、常用 ISO 感度は静止画で最大 25600、動画で最大 12800 と向上しています。発売時期は 2017 年 4 月上旬で、ボディの価格は、EOS 9000D が 107,500 円 + 税、EOS Kiss X9i が 97,500 円 + 税となっています。Source : キヤノン

■関連記事
Nokia 6のグローバルモデルが台湾で認証を取得
Huawei、「Honor 8」の新色“ミッドナイトブラック”と“桜ピンク”を2月24日に国内発売
SAT-BOXの「消しゴム落とし」アプリで大型アップデートが実施、「パーティモード」と「進め!消しゴムくんモード」が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。