ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

酒井法子、26年ぶりのBirthdayイベントで新曲を初披露&ゲストに織田哲郎が登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
酒井法子、26年ぶりのBirthdayイベントで新曲を初披露&ゲストに織田哲郎が登場

今年歌手デビュー30周年を迎えた酒井法子が、2月14日にZepp TOKYOで開催された「酒井法子 30th ANNIVERSARY FINAL-BIRTHDAY & VALENTINE ファンミーティング-」で、新曲「永遠の宝物」を初披露した。

この日は91年以来、26年ぶりのBirthdayイベントとあって、会場には海外からのファンも含む、約500名が詰めかけた。昨年から始まったアニバーサリーイヤーの集大成として「今まで応援してくださったファンの皆さんと、もっと触れ合いたい」という酒井の想いから実現した今回のファンミーティング。

イベント中盤にはサプライズゲストとして、自身の代表曲「碧いうさぎ」を作曲した織田哲郎が花束を持って登場すると、感激のあまり言葉を失う一幕も。2人の再会は、織田のライブに酒井が訪れて以来、約10年ぶり。織田が「ドラマを観た時に胸がキュンとする泣き顔をする人だと思いました」と当時のエピソードを披露すると、会場からも大きな拍手が贈られた。

ミニライブやメモリアルトーク、クイズ大会など、盛りだくさんの内容でファンとの交流を楽しんだ酒井だが、約2時間のイベントの締めくくりは、ファンへの感謝のしるしとして「永遠の宝物」を歌唱。1月にレコーディングされたばかりの新曲を初めて聴いたファンには嬉しいプレゼントとなった。

2015年11月に発表した「Truth~飛べない鳥よ~」以来、1年3ヶ月ぶりとなる今回の新曲は、これまで「All Right」や「ダイヤモンド☆ブルー」など、多くの作品を酒井に提供してきたシンガーソングライターの遠藤響子が書き下ろしたもの。その遠藤は新曲への想いを「昨年、酒井さんと久しぶりにお話しした時に感じたエネルギーをそのまま転写したつもりです」と語り、かつて自身が詞を手がけた「微笑みを見つけた」の続編的な作品と位置づけている。

一方、23年ぶりに作品を提供された酒井は「アイドル時代から尊敬している遠藤さんとまたお仕事ができたことに感謝しています。新曲は詞の世界が深くて、聴く人によっていろんな解釈ができる歌だと思いますが、今の酒井法子を感じていただけたら嬉しいです」とコメント。数々のヒット曲を送り出してきた両者による新曲の発表は満場のファンを大いに沸かせた。

その「永遠の宝物」は3月15日にリリースされる30周年記念の生産限定盤「NORIKO BOX[30th Anniversary Mammoth Edition]」にも収録されることが決定。同BOXに関しては、さらに、マンモスのイラストをあしらったジャケットや全体のビジュアル、約4万7千字に及ぶロングインタビューを含む全140ページのブックレットの封入、シリアルナンバー入り、の3点が新たな情報として発表されるなど、その全容が確定した。のりピーファンにとっては、世界に2つとない“マンモスうれピー”企画といえる。

商品の詳細はビクターエンタテインメント 酒井法子オフィシャルサイトにて確認できる。

ビクターエンタテインメント 酒井法子オフィシャルサイト
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A000342.html

リリース情報

「NORIKO BOX[30th Anniversary Mammoth Edition]」
2017年3月15日(水)発売
VIZL-1104 18,000円+税
収録内容:CD7枚+DVD3枚+豪華ブックレット

配信情報
「オリジナル・シングル・コレクション」
【第1弾】2月15日(水)「男のコになりたい」~「モンタージュ」まで19タイトル
【第2弾】3月15日(水)「涙がとまらない」~「世界中の誰よりきっと」まで19タイトル
※ハイレゾ配信も同時に開始

「ゴールデン☆ベスト」
VICL-70226 2,000円+税

iTunes Store:https://itunes.apple.com/jp/album/id151676096?app=itunes&ls=1
レコチョク:http://recochoku.jp/artist/2000000887/
mora:http://mora.jp/artist/231983/

関連リンク

酒井法子オフィシャルファンサイトhttp://norikosakai.official-fan.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。