体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4年間で600温泉以上! 温泉のためだけに日本中を飛び回る早大生が選ぶ【最強温泉5選】

4年間で600温泉以上! 温泉のためだけに日本中を飛び回る早大生が選ぶ【最強温泉5選】 アイキャッチ_温泉早大生_川田宏樹さんインタビュー 温泉早大生_川田宏樹さんインタビュー_01

九州生まれの名古屋育ち、幼いころから温泉に魅せられ、その魅力に取りつかれてしまった現役早大生がいます。川田宏樹さんがその人。安い料金で温泉を味わえる日帰り入浴を巧みに使って、多いときには一日に10以上の温泉に浸かることも。「二つと同じ温泉はないんですよ! 僕は“一期一湯”だと思っています」と話す温泉を愛してやまない川田さんに、学生におすすめの温泉を聞きました。

 

温泉早大生_川田宏樹さんインタビュー_02

みなさん、はじめまして! 早稲田大学の4年生、川田宏樹です。僕はこれまで、アルバイトで稼いだお金をなんとかやりくりして、安宿に泊まりながら全国の温泉をめぐってきました。その数は大学の4年間で600以上! 宿泊するときには1万円以下の宿にしか泊まったとこがありません! そんな、温泉のためなら節約も苦にならないお財布カツカツ早大生の僕が、学生におすすめの、この冬に入りたいコスパ最強温泉を”厳泉”してご紹介します。まずは初級編をどうぞ!

 

【初級編】東京都『はすぬま温泉』

 

東京都・はすぬま温泉_01

すごいぞ大田区! 高いぞ温泉ポテンシャル!

 

温泉早大生_川田宏樹さんインタビュー_03

実はこの温泉、大田区の温泉なんです。あまり知られていないんですが、大田区のポテンシャルは高い! 42軒の銭湯があって、そのうちの16軒が温泉になっています。けっこう多いですよね? 平日でも夕方以降のお客さんは若い人が多く、毎日でも通いたい美肌の湯ですから、僕はもう、大田区へ引っ越したいくらい。

 

東京都・はすぬま温泉_02

温泉と認められている水?

 

温泉早大生_川田宏樹さんインタビュー_04

温泉トリビアをちょっとだけ(笑)。昔々、あるとろに、化石化した植物の積もった地層部分がありましたとさ。そこへ地下水がしみ込み、地下水は化石成分を含んだそうな。そうした地下水は、一定の条件を満たすとアラ不思議! 温度が低くても温泉を名乗れるんですね。ココの温泉がソレ。加温することで地下水を温かくしてるんですが、茶褐色のお湯は温泉成分の証! つるつるツベスベの温泉として、地域の人にも知られています。 ■はすぬま温泉/東京都

入浴料金:460円

温泉マニア度 :★★☆☆☆☆☆☆☆☆

場所:東京都大田区西蒲田6-16−11

電話:03-3734-0081

※午前中のお問い合わせはご遠慮ください。

はすぬま温泉HP

http://www.ota1010.com/site/hasunumaonsen/guide.html

※入浴料などの温泉の情報は僕が訪れたときの情報です。最新情報は必ずご自身でお確かめください!

 

【中級編】長野県『熊の湯温泉』

 

長野県・熊の湯_露天写真提供:川田宏樹

あぁー、と声出し目を閉じて

 

温泉早大生_川田宏樹さんインタビュー_03

ココは、お湯の温度が43度くらいの内湯と40度くらいの露天風呂になります。どちらも、「おお、温泉だ」感にあふれているのでおすすめなんですが、卒業旅行やゲレンデの帰りなどで、友達と一緒に入るなら露天風呂はマスト! めっちゃおすすめの浸かり方があります。ぜひ、露天風呂の湯船のフチにある木枕に頭を預け、「あぁー」と声を出しながら目を閉じて浸かってみてください。旅やスノボの疲れも瞬殺すると思いますね。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。