体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【TSスマホカメラ部⑯】「東京ラーメン・オブ・ザ・イヤー」中の人に聞く、ラーメンを美味しそうに撮るコツ

スマホでの撮影テクニックを探求し、SNSでたくさんシェアしてもらう写真を模索するTSスマホカメラ部。今回のテーマは、みんなが大好きな国民食にして、その情報はもはやコミュニケーションツールと化していると言っても過言ではない、「ラーメン」を美味そうに撮るコツです。

その指南をいただくのが、2016-2017年で17回を迎える業界最高権威の”東京 ラーメン・オブ・ザ・イヤー(TRY)”のムック『TRYラーメン大賞』(講談社)の編集を手がける佐々木正孝さん。自らも”ラーメン編集者”を標榜し、TRY新人賞に輝いた店舗をはじめ週2〜3軒は新店をチェックするなど、年間300杯以上を食べ歩くツワモノです。

ラーメン編集者・佐々木正孝さん

今回は具体的な撮影テクニックを披露いただくべく、佐々木さんオススメの「京都醤油ラーメン 京紫 灯花繚乱」(四ッ谷)にお邪魔しました。

真上から撮るか、斜めから撮るか

丸ノ内線・四谷三丁目駅から徒歩3分「京紫 灯花繚乱」

――あまたあるラーメン店の中でこのお店を指定された理由は?

「ここのラーメンは京都スタイルにこだわり、鶏だしと、コクと香りがきいた黒醤油、そして京都で製麺した中細麺が特徴です。『灯花』は四谷三丁目エリアで3店舗ほど展開しているんですが、もともと塩ラーメンがルーツなので、濃い目の醤油ラーメンであっても麺の盛り付けが綺麗で写真映えがするんですよ。豚骨や味噌だと麺が見えないですからね」

――な、なるほど。そこまで考えていただいていたとは・・・・・・。では早速ですが、編集者視点でラーメンが美味そうに見える撮り方を教えてください!

「まず、基本スタイルが大きく2つありまして、ひとつがインスタ映えする真上から撮る『真俯瞰(まふかん)』ですね。これは具材が彩り豊かな場合や、塩ラーメンなどスープの澄み切った様を見せたい時に最適です」

こちらが(ほぼ)真俯瞰。少しだけ傾いているのは・・・・・・ 本当の真上から撮ると自分が影になってしまうから!(筆者によるNGカット)

「もうひとつが斜め上から狙う『斜俯瞰(しゃふかん)』。二郎系に代表される、立体的に盛り上がったトッピングが映える撮り方です。また、ラーメンを料理として撮りたい時、特にスープの色が濃い醤油ラーメンなどは、斜俯瞰がオススメです」

こちらが斜俯瞰。ベストの角度はそれぞれなので、微妙に変えて撮るとよし 斜俯瞰の場合、あまり引いて撮ると美味しそうな感じがしません(筆者によるNGカット)

――確かに、二郎系を真上から撮っても何がすごいのか伝わりませんもんね。ちなみに麺とつけ汁で器が2つ出てくる、つけ麺はどうすればいいでしょうか?

「つけ麺は考え方次第で、麺かつけ汁、どっちをフィーチャーするかによって大小をつけるとよいでしょう。これも記録として残すなら真俯瞰で、料理として撮るなら斜俯瞰がおすすめです」

ラーメンが「美人に見える」アングルを選ぶべし

――まず、ラーメンによってアングルを決めろってことですね。ほかにアングルで注意すべき点はあるでしょうか?

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会