体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1人目は帝王切開、だから2人目だけど陣痛がわからない! 長くかかるかと思いきや…

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

2人目の出産。

1人目は予定帝王切開で思うことが多かったため、出来れば2人目は普通に産みたいと思っていました。

しかし、予定日前日になっても陣痛は来ず、しかも胃腸風邪になった私。

その日の健診でも、子宮口は開いていないし、帝王切開の予定を組まれてしまいました。

母胎の準備が整ったら出産が始まると聞いていたため、

(体調が完全に復活するまで陣痛は来ないんだ…。どんどん帝王切開に近付いてしまう…)

そう思って、焦っていました。 関連記事:自然分娩、なめてました! 2人目出産は陣痛も破水もお産の進みも、全てが大違い

予定日の夜、かなり回復した私は、晩ご飯を家族と取れるようになっていました。

食べ終わり、上の子をお風呂に入れようとすると、何だか腹痛が。

(いつもの便秘の時の下痢の症状だ! 昨日スッキリしたと思っていたのに、またー?! もしや陣痛…?)

どちらだろうと思いながら、それ程痛くなかったため、お風呂に入れ、寝かし付けました。

午後9時。寝かし付けが終わっても痛むお腹。

念のためと計ってみると6分間隔。

うーーん、便秘の時も定期的に痛むしなぁ…。

痛みが便秘の時と全く同じで、ただの便秘だったら恥ずかしいとしばらく悩んでいました。

痛みは少しずつ強くなるけれど、このくらいの痛みはいつもの事。

しかし、4分間隔。陣痛かもしれない!

夜中12時前、遂に病院に電話しました。

病院に向かうと、陣痛が来ているけど、子宮口はまだ1㎝。まだまだかかるとの事で、旦那さんには一度帰ってもらいました。

家族にも連絡はしましたが、当分先だから明日また連絡すると伝えました。

友人達から、力めるまでが長いから!1人目は時間かかるから!と聞いていた私。

助産師さんにはお昼の12時までに産めるといいねと言われ、強まる陣痛に、

(この痛みにあと何時間も耐えないといけないの?! これなら帝王切開の方が良かった!)

と後悔し始めました。

午前3時を過ぎて、益々強まる陣痛。

本気で後悔し、この先の痛みへの不安で絶望的な気持ちになっていると何人かの看護師さんが集まってきて…

「頑張れ頑張れー!大丈夫だよー!」

(いやいや、まだまだ何時間も続くなんて大丈夫じゃない!)

そう思っていると、

「全開でーす!」の声。

(え?!全開?!もしやもう産んでいいの??)

訳も分からず、次の痛みで思いっきり力を入れてみようと言われ、言われるがままに。

数回力むと頭が出たとのこと。

(えええ?!もう生まれ始めてるの?! 確かに子宮口辺りに何かある!)

「もう一踏ん張りできますかー?」

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会