体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全長ナント35cm! 名古屋「海老どて食堂」の超特大エビフライがデカ過ぎる

f:id:Meshi2_IB:20161224181152j:plain

30年以上前、タモリさんがテレビやラジオで「名古屋の人はエビフライをごちそうだと思っている」とイジっていたようだ。

名古屋人として言わせてもらうと、たしかにエビフライは好きだが、ごちそうとまでは思っていない。しかし、それをきっかけにエビフライを名古屋名物として出すお店が増えた(笑)。転んでもタダでは起きない名古屋人気質を如実に表しているエピソードだ。

パンチの効いた名物「海老どて」

名古屋ではエビフライが大きければ大きいほどお店の評価が高くなる。が、エビフライに特化したお店は他のなごやめしのお店に比べて少ない。とんかつ店や和食店、洋食店が名物としてジャンボエビフライを出しているのが現状だ。

f:id:Meshi2_IB:20161224180829j:plain

そんな中、4年前に名古屋駅新幹線地下街エスカ内にオープンした「海老どて食堂」は、名古屋で唯一のエビフライ専門店である。

f:id:Meshi2_IB:20161224180859j:plain

店内には巨大なエビフライのオブジェが天井からドーン!

平日でも名古屋に出張中のビジネスマンを中心に賑わっている。

f:id:Meshi2_IB:20161224180957j:plain

▲名古屋でひと仕事終えた彼らがお酒のアテにしているのが、店名にもなっている名物の「海老どて」(6本 853円~)

f:id:Meshi2_IB:20161224181012j:plain

溶き卵をくわえて、よりまろやかな口あたりにしたどて味噌に、揚げたてのエビフライをくぐらせる。ちなみにエビフライは、甘みが強いバナメイエビを使用。八丁味噌をベースとしたどて味噌が海老の甘みを引き出している。

エビフライはタルタルソースやウスターソースでなければならないという既成概念をブチ壊したメニューだ。

お昼はご飯と味噌汁、漬物が付く「海老どてランチ」(1,382円)も用意している。

その場で作る絶品タルタルソース

エビフライは大きさで勝負するのが名古屋。そこで「海老ふりゃ~定食」(通常1,814円、昼のランチ時は1,598円)を注文してみた。

f:id:Meshi2_IB:20161224181027j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。