ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【米ビルボード・ソング・チャート】エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」が、通算3週目の首位獲得

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【米ビルボード・ソング・チャート】エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」が、通算3週目の首位獲得

 1月30日に公開されたミュージックビデオのストリーミングポイントが加算され、今週も首位の座を死守した「シェイプ・オブ・ユー」。エド・シーランは、2月13日(日本時間)に開催された【第59回グラミー賞】でこの曲をパフォーマンスしていて、次週もポイントアップが期待される。

 グラミー賞のパフォーマンスでは、ザ・ウィークエンドが「アイ・フィール・イット・カミング」(今週16位)を、ブルーノ・マーズが新曲「ザッツ・ワット・アイ・ライク」(今週37位)をそれぞれ披露していて、次週はどちらも上昇することが予想される。

 その【第59回グラミー賞】の1週間前、2月6日(日本時間)にテキサス州ヒューストンで開催された、【第51回スーパーボウル】のハーフタイムショーでパフォーマンスを行ったレディー・ガガの「ミリオン・リーズンズ」が4位にリエントリーを果たし、自身14曲目となるTOP10入りを果たした。また、ショーの最後に歌われた2009年の大ヒット曲「バッド・ロマンス」も50位にリエントリーを果たし、今週のアルバム・チャートでは、2016年10月にリリースした4thアルバム『ジョアン』が前週の66位から2位へ、2008年リリースのデビュー・アルバム『ザ・フェイム』が6位に再登場している。

 今週のアルバム・チャートで初登場1位を獲得した、ビッグ・ショーンの新作『アイ・ディサイディド』からは、先行シングルの「バウンス・バック」が最高位を5位まで更新し、自身3曲目となるTOP10入りを果たした。その他にも、エミネムがゲスト参加した「ノー・フェイバース」(22位)や、「ムーヴス」(38位)など、計8曲が100位内にランクイン。70位に初登場した「サクリファイス」は、今週2位にランクインしている、ミーゴズがフィーチャリング・ゲストとして参加している。

 43位に初登場したのは、ネバダ州出身のロックバンド、イマジン・ドラゴンズの新曲「ビリーバー」。1月31日にデジタル配信がスタートし、翌2月1日にはオーディオビデオが公開され、これまでに600万視聴回数を記録している。おそらく、2017年中にリリースされる新作からの先行シングルで、ロック・チャートでは11位まで上昇している。

 87位には、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドのデュエット・ソング「ビューティー・アンド・ザ・ビースト」が初登場。この曲は、エマ・ワトソンが主役を務めるディズニー最新映画『美女と野獣』のテーマソングとして2月2日にリリースされ、オーディオビデオが1000万視聴回数を突破している。1991年にリリースされた、セリーヌ・ディオンとピーボ・ブライソンの原曲は最高位9位をマークし、カナダやUK(イギリス)でもTOP10入りを果たす大ヒットを記録した。

 2月3日にリリースした、マライア・キャリーの新曲「アイ・ドント」は、89位に初登場。セールスやエアプレイが伸び悩んでいる。次週は、グラミー賞にノミネートした楽曲や、パフォーマンスを行ったアーティストのナンバーが上昇するだろう。Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、15日22時以降予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
2位「バッド・アンド・ブージー」ミーゴズ feat.リル・ウージー・ヴァート
3位「アイ・ドント・ワナ・リヴ・フォーエヴァー」ゼイン&テイラー・スウィフト
4位「ミリオン・リーズンズ」レディー・ガガ
5位「バッド・シングス」カミラ・カベロ&マシン・ガン・ケリー
6位「バウンス・バック」ビッグ・ショーン
7位「クローサー」ザ・チェインスモーカーズ feat.ホールジー
8位「スカーズ・トゥ・ユア・ビューティフル」アレッシア・カーラ
9位「ドント・ワナ・ノウ」マルーン5 feat.ケンドリック・ラマー
10位「パリス」ザ・チェインスモーカーズ

関連記事リンク(外部サイト)

2月25日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
2月25日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
バスタ・ライムス&ATCQからケイティ・ペリーまで、政治的メッセージが目立った【第59回グラミー賞】授賞式

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。