ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Pile 新アルバム『Tailwind(s)』リリース発表! ツアー東京公演では動画&写真撮影OKも!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Pile 新アルバム『Tailwind(s)』リリース発表! ツアー東京公演では動画&写真撮影OKも!?

 声優アーティストとして活躍するPileが、ソロ通算3枚目となるアルバムを4月26日に発売すると、バレンタインデー企画のニコ生で発表した。

 本作のタイトルは『Tailwind(s)』(ヨミ:テイルウィンズ)で、直訳すると「追い風」。これはPileのファンの総称「追い風さん」から付けられたもの。ファンの総称を「追い風さん」と呼ぶようになったきっかけは、ライブのMCで「私は大きな帆を張っていきますので、皆さんは追い風さんとなって私の船を進めてください!」と言ったことから始まり、それ以降ライブでファンに呼びかける際に「追い風さん」という言葉が度々使われ、今では「Tailwind」と書かれたPileグッズが販売されているほどファンの間では浸透している。まさにPileとファンとで一緒に作り上げた作品という意味を込めて付けられたタイトルである。

 初回限定盤Aはスリーブケース仕様で、Blu-rayと豪華フォトブックレット付となっており、Blu-rayの内容は2016~17年にかけて行われていたアジアツアーからシンガポール公演のオフショット映像が存分に収録されている。また初回限定盤BはDVDが付いており、内容はアジアツアーのライブダイジェスト映像を収録。そして通常盤はCDのみで構成されており、収録楽曲は初回限定盤ABとも共通で、アニメオープニングソングとなったシングル楽曲「Melody」「素晴らしきSekai」など他計11曲収録予定となっている。

 また毎年Pileの誕生日である5月2日の前後で行われるバースデーツアーが今年も開催され、東京は5月1日と2日に舞浜アンフィシアターにて2DAYS開催される。この舞浜アンフィシアター公演のアンコールに限って、動画撮影や写真撮影が解禁されることもニコ生放送内で発表された。これはアニメ声優アーティストとしては前代未聞、初の試みとなり、SNS等では同ライブの動画や写真が行き交うだろう。

 さらにアルバムの特典お渡し会である全国各地のリリースイベントスケジュールも発表となっているので、あわせてチェックしてほしい。

◎リリース情報
アルバム『Tailwind(s)』(テイルウィンズ)
2017/4/26 RELEASE
<初回限定盤A>(CD+Blu-ray+豪華フォトブックレット)
VIZL-1156 5,816円(tax out.)
<初回限定盤B>(CD+DVD)
VIZL-1157 3,816円(tax out.)
<通常盤>(CD ONLY)
VICL-64786 2,816円(tax out.)

<配信>
4月26日(水)よりレコチョク・iTunes他各サイトにて配信開始
※定額制聞き放題サービスは5月26日より配信開始

◎リリースイベント情報
3月17日(金)19:00~ SHIBUYA TSUTAYA 2F特設スペース
3月20日(月・祝)15:00~ タワーレコード渋谷店4F
3月26日(日)19:00~ タワーレコード川崎店
3月28日(火)19:00~ ソフマップ秋葉原アミューズメント館8Fイベントスペース
4月1日(土)16:30~ ゲーマーズなんば店
4月2日(日)15:00~ 名古屋 第一アメ横ビル
4月2日(日)16:30~ 名古屋 第3太閤ビル
4月7日(金)19:00~ アニメイト池袋本店9Fイベントホール
4月14日(金)19:00~ AKIHABARAゲーマーズ本店
4月23日(日)15:00~ アニメイト大阪日本橋5Fイベントホール

◎コンサートツアー情報
【Pile Birthday Tour】
2017年4月16日(日)福岡BEAT STATION
2017年4月28日(金)大阪 松下IMPホール
2017年4月29日(土)名古屋 DIAMOND HALL
2017年5月1日(月)舞浜アンフィシアター
2017年5月2日(火)舞浜アンフィシアター

関連記事リンク(外部サイト)

Pile 「やったー!! 知らなかったー!!」元日TDC公演で日本武道館ライブ発表
Pile、VRで白Pileと黒Pileが登場する「素晴らしきSekai」MV公開
声優アーティスト・Pile 新SGジャケは“白Pile”と“黒Pile”に! 5月ツアー最終公演のBD/DVDも同時発売

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。