ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『2月15日はなんの日?』ジャズ&ポップス界の礎を築いたナット・キング・コールの命日

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『2月15日はなんの日?』ジャズ&ポップス界の礎を築いたナット・キング・コールの命日

 2月15日はアメリカの音楽史に残る偉大なピアニストであり、ポップシンガーとしても活躍したナット・キング・コールの命日。

 1930年代からピアニストとしての活動をスタートさせ、ナット・キング・トリオを結成。ピアノ、ギター、ベースによるシンプルなトリオ構成は、ビッグバンドが主流だった当時のシーンに衝撃を与えた。40年代以降は艶のある歌声を生かしてソロシンガーとしての活動もスタートさせ、「モナ・リザ」「ルート66」、そして喜劇王チャップリンの映画『モダン・タイムス』のテーマ曲に歌詞をつけた「スマイル」など、のちにスタンダードとなる数々の名曲を歌い、ポップス界を席巻するようになっていった。シンガーでありながら、当時の多くのジャズメン同様、大の愛煙家であったというコール。1965年2月15日、アメリカ・カリフォルニア州サンタモニカの病院で肺がんにより死去。享年45歳、前年にリリースしたアルバム『L-O-V-E』が全米4位のヒットを記録した直後のことだった。

 ナット・キング・コール自身は、残念ながら全米首位獲得を果たす前にこの世を去ってしまったが、死から20年以上が経過した1991年、娘のナタリー・コールが父の楽曲をカバーした作品『アンフォーゲッタブル (Unforgettable… with Love)』を発表。これがジャズ・アルバムとしては異例となる全米ビルボードNo.1を獲得。ナタリーの歌声に父ナット・キング・コールの在りし日の歌声をオーバーダブした表題曲は、グラミー賞も受賞している。

関連記事リンク(外部サイト)

『2月14日はなんの日?』ファンクの歴史とともに生きるサックス奏者、メイシオ・パーカーの誕生日
『2月13日はなんの日?』フランス音楽界の至宝、アンリ・サルヴァドールの命日
『2月12日はなんの日?』A0R界の大御所、マイケル・マクドナルドの誕生日

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。