体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

通報?センター職員様のご来店。

心斎橋おやつあげ09279

昨年2016年4月のある日突然、大阪市の動物愛護センターの職員さんお二人がお越しになられました。「当店が動物虐待をしていると通報があったので確認しに来ました」、とのこと。通報の内容についてお伺いすると、「混み合う春休みに、お金儲けのため全てのお客様に猫のおやつを強制的に販売し、猫に食べさせている」とのこと。
強制的?全員に?猫のおやつが虐待?と疑問に思いましたが、先ずは当店のシステムをご説明しました。お客様の半数近くが選ぶ「60分基本コース」では猫のおやつはついていないこと、猫おやつは追加できるが、敢えてその案内はしてない旨をお伝えしました。さらに4月からはお客様が多くなる土日祝の猫おやつの追加販売をやめ、平日のみにしていることをご説明し、動物虐待は何かの勘違いであることをご確認いただきました。

ちなみに生駒店時代は焼いたササミやカツオをパックした商品をおやつにしていましたが、心斎橋店ではスティックタイプのペースト状のおやつを採用しています。これだと、猫が食べる量を3分の1に少なくしながらも、チビチビと与えられるのでお客様は3倍の時間に感じて楽しんでいただけるのです。

生駒のおやつ大会04437

誰からのご通報なのかは守秘義務があり、もちろん教えていただけませんでしたが、簡単な経緯だけはご説明いただきました。果たして通報された方は一度も当店にお越しになったことがないようです。恐らく伝言ゲームになったのでしょう。しかし職員の方は職務として事実確認をせねばならず、真摯にご対応されたのだと思われます。

当店はお客様と猫たちに喜んでいただくために、猫のおやつを販売しています。ですが、それは収益を上げるためではありません。お金儲けに走るなら、他にもっと効率の良い方法がいくらでもあります。

皆さん静かに座る09093 おやつ上げよりお膝乗り00629 4にゃんで満席09105

ちなみに当店はお客様が猫のお膝乗りで動けないこともあったりして、長時間滞在も多く、お客様が多くても店内は意外と人の動きは少なく静かです。お客様の少ない以前の生駒店時代より、多くのお客様がお越しになる今の心斎橋の方が、猫たちのお膝乗りが多いことこそが、ストレスフリーの確たる証です。

ポテトおやつあげ09234
1 2次のページ
にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会