ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

いちご狩り発祥の地・静岡市 絶品の石垣いちごといちご娘

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

947_3
静岡市にある国道150号は通称「いちご海岸通り」と呼ばれる。国道沿いになんと40以上ものいちご農園が並んでいるため、特に今のシーズン、県内はもちろん首都圏、東海エリアなどからも、美味しいいちごを求めて多くの人々で賑わっている。
実は、静岡市は「観光いちご狩り発祥の地」で、実に半世紀の歴史を誇る。
国道150号沿いに、徳川家康をまつる久能山東照宮があり、その麓では当時から山の斜面にある石垣を利用して「石垣いちご」が栽培されてきた。この石垣いちごは糖度がとても高く、今も人気の品種。昭和41年、参拝者にいちごを食べてもらおうと、石垣いちご農園が開放されたのが始まりとされる。
そして毎年、いちご狩りのシーズンになると、「いちご娘」が登場する。いちご海岸通りで客を案内する女性たちのことで、いまや静岡市の風物詩となっている。
その石垣いちごは、静岡市だけの栽培方法。山の斜面を利用して栽培するため、すべてのいちごに陽が当たりやすいのが特徴で、石垣の間に苗を植え、温かく冷めにくい状態で成長する。主に「章姫」という品種が多く栽培され、酸味が少なくて糖度が高い、しかも粒が大きいことでファンも多い。
地元の組合によると「今シーズンもいちごが順調に育っている」といい、特に、平均的に寒くなったり、いい天気が続いたりが繰り返すと、味が良い元気ないちごが育つとのこと。ピークは2月から3月、5月まで楽しめる。

947_4 
947_2 
静岡・久能苺狩り組合http://www.kunou-ichigo.com/まるぞう いちご狩り組合http://www.maruzou-ichigogari.com/

【Nicheee!編集部のイチオシ】

1個1000円! かんきつ王国から新ブランド「愛媛Queenスプラッシュ」新登場
日本最大級! 西条発 食べたら福が来る巨大「柿」
“四国の軽井沢”久万高原町 絶品「トマトジュース」&ご当地新バーガー

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。