体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オリンピック需要、インバウンド…「おもてなし」×「手に職」で高ニーズの仕事&資格7選

f:id:keimanahensyu:20170209122907j:plain

今回も、編集部おすすめの「手に職お仕事」それぞれについて、具体的な職種を紹介していくよ!平均年収や、その仕事に就くのに有利な資格、取得までの期間・費用なども一気にチェックしよう。

ここでは「おもてなし」力を磨いて高ニーズの業界で働けるお仕事を集めたよ。

東京オリンピックを5年後に控え、今後ますます「和」関連や訪日外国人向けのおもてなし分野は注目される。建築ブームもあって建設業界や不動産業界も狙い目に!

通訳案内士

語学力と日本の良さを伝える力が必要

日本を訪れる外国人を案内し、報酬を得る。語学力はもちろん日本文化、歴史、地理についてもきちんとした知識が必要になる。

いくら稼げる?

通訳ガイドの日当が平均2万5000~3万5000円。報酬はガイドの経験年数や大体の人数によって異なる。

有利な資格

通訳案内士。観光庁長官が実施する国家資格。試験は年1回。筆記試験と口述試験が実施される。受験資格の制限はない。

取得までの期間・費用

取得期間は8ヵ月~1年間。語学とほかの分野に分かれた試験対策講座がある。費用は8万~20万円が相場。

How To

資格取得後はフリーで通訳ガイドとして働く人が多い。旅行代理店などに自分で売り込み仕事を獲得していく。

着付け師

伝統文化を大切にする

着物の着付けの技術と和装の専門の知識を持つ。プロの着付け師としてさまざまな分野で活躍できる。年齢問わず働ける職種。

いくら稼げる?

平均年収250万円。美容室や結婚式場と提携したり、着付け教室を運営するなどが一般的。

有利な資格

着付け関連資格。複数の団体で資格やレベルを認定している。着付けの技術はもちろん、和装の知識やマナーも身につく。

取得までの期間・費用

自分で着物が着られるようになるまでは3ヵ月くらい。資格取得には1年~2年。月謝制が多く月4000~1万2000円。

How To

資格取得後は講師のアシスタントをしたり、先輩のフォローなど実務経験を積みながら、美容室や結婚式場などと提携していく。

日本料理人

訪日外国人の和食ニーズはますます増!

いまや海外でもブームとなっている和食。素材の味を最大限に引き出し、繊細な盛り付けなどが特徴。インバウンド効果でますます注目に。

いくら稼げる?

平均年収204万円。自分の店をオープンするなどで収入アップが望める。

有利な資格

調理師、食品衛生責任者。ほか、寿司マイスターなどの認定資格もある。免許取得が採用条件になることもあるので取得したい。

取得までの期間・費用

調理師の場合、スクールで1~2年学ぶ。2年以上の実務経験が受験資格に。調理師学校は150~300万円トータルでかかる。

How To

料亭、ホテル、レストランなどに勤務。初めは見習いからスタート。自ら開業してオーナーシェフになれば収入アップも望める。

アロマテラピー

リラックスさせるテクニックをつける

植物の精油に関する正しい知識があり、トリートメントやコンサルテーションなどプロとしてアロマテラピーを提供できる知識と技術を持つ。

いくら稼げる?

平均年収260万~450万円。1時間あたりのアロマトリートメントの施術料は6000円~。自分でサロンを開業すると収入アップが望める。

有利な資格

アロマ関連資格。複数の団体が資格を認定。レベルによって段階的になっているのでまずは挑戦しやすいレベルから始めるのが○。

取得までの期間・費用

初心者が週1~2回のプロ養成講座コースに通った場合は6 ヵ月で取得。受講料は25万~60万円。ほかに教材費がかかることも。

How To

資格取得後はサロンやショップで働く人が多い。サロンで修業して自分で開業したり、スクールの講師への道もある。

CADオペレーター

建築ラッシュに備える

1 2次のページ
ケイマナニュース!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。