ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

知ってる?レバーは女性に嬉しい成分がたっぷり!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
知ってる?レバーは女性に嬉しい成分がたっぷり!

レバーは好きですか。食感や臭みが苦手という方も多いのではないでしょうか。レバーは女性の味方!と言われますが、まさにそのとおり、女性ならではの不調にはレバーが効くんです。その効果を知ってしまうと、レバーを食べずにはいられなくなりますよ。

女性に嬉しいレバーの成分とは?

レバーとは肝臓のことを意味しています。私たちが食べるレバーといえば、主に牛や豚、鶏ですが、そのほかにも馬や羊、ヤギのレバーも食されます。レバーが含む代表的な栄養素といえば、鉄がありますよね。鉄は赤血球にあるヘモグロビンの材料となります。だから体内の鉄が不足すると、起こりやすくなるのが鉄欠乏貧血。特に女性に鉄欠乏貧血が多いとされるのは、生理により鉄が失われてしまうからです。

同様にレバーに含まれる葉酸やビタミン12も血液を作るのに必要な成分であり、貧血を防ぐ食品としてレバーは最適なんです。他にも、レバーには女性に嬉しい栄養素が豊富に含まれています。ビタミンAやビタミンB2は全食品においてトップを誇る含有量といわれます。どちらも皮膚や髪を丈夫にするうえ、ビタミンAの抗酸化作用やビタミンB2の代謝の促進効果が期待でき、まさに「食べるサプリメント」といえるレバーなのです。

レバー料理は下処理が命

レバーを美味しくいただくには、下処理を十分に行うことが大切です。レバーはどうしても血の味が残りやすいので、水につけて血抜きをする必要があります。あらかじめレバーに付着している血の塊や血管を取り除いてから、途中水を2〜3回かえながら合計30分ほどつけておきます。氷水につける、または牛乳につけると臭みが取れやすくなります。調理する時にはネギなどの香味野菜や、にんにく・生姜などの香辛料、ハーブなどをうまく使うと、レバーの独特な臭みが気にならなくなりますよ。

レバーを食べる時に気をつけたい点

生のレバーは細菌が多く存在し、食中毒を起こしやすい食品です。生で食べる時は十分に気をつけましょう。それから、どの食品にも言えることですが、体に良いからといってレバーばかり、偏って食べるのは避けましょう。レバーには人参の10倍ともいわれるビタミンAが含まれていますが、ビタミンAは脂質性ビタミンといい、体に蓄積されやすいのです。

摂りすぎるとビタミンA過剰症といって、頭痛や吐き気、発疹などが起こす恐れがあります。ところで、栄養を摂取するなら、できるだけ自然の食品から摂りたいものですよね。たまにレバーを食卓にくわえることで、簡単に多くの栄養素を摂ることができるようになります。調理法を工夫して、苦手な方もぜひレバー料理に挑戦してみてくださいね。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。