ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【グラミー賞】3部門受賞のチャンス・ザ・ラッパー、DJキャレドとの次回作については「トップ・シークレット」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【グラミー賞】3部門受賞のチャンス・ザ・ラッパー、DJキャレドとの次回作については「トップ・シークレット」

 チャンス・ザ・ラッパーが2017年2月12日(現地時間)に【グラミー賞】3部門を受賞した。

 米ビルボードが授賞式前のレッド・カーペットで彼をキャッチし、話を聞いた。

 「実は既に受賞が一つ決まってるんだ!『カラーリング・ブック』の「ノー・プロブレム」で<最優秀ラップ・パフォーマンス>をリル・ウェインと2チェインズと受賞したんだよ」と彼は嬉しそうに報告した。短いスピーチをお願いしたところ、「もちろん神にお礼を言いたい。自分が作る音楽と周りのチームを与えてくれたことに感謝してる」と彼は答えた。

 DJキャレドの次回作『グレートフル』でコラボレーションしているのではとの噂については、「何も話せない。スーパー・トップ・シークレットなんだ。でもプロジェクトには参加してるよ」と明かし、DJキャレドから学んだ秘訣について、「”もっと愛そうぜ”ってことかな。それが彼のやり方だ。愛が秘訣。それがリアルなんだ」と話した。

関連記事リンク(外部サイト)

【第59回グラミー賞】年間最優秀レコードはアデル「Hello」が受賞
【第59回グラミー賞】最優秀カントリー・パフォーマンス(ソロ)はマレン・モリス「MY CHURCH」が受賞
【第59回グラミー賞】最優秀新人賞はチャンス・ザ・ラッパーが受賞

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。