ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Motorola、建設・農業機械メーカー「JCB」とコラボしたAndroidスマートフォン「Motorola DEFY+ JCB Edition」を英国で発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

一部の英国ショップでは昨年12月頃から発売されていますが、Motorolaが、建設・農業機械製造メーカーの英J. C. Bamford Excavators(JCB)とコラボしたAndroidスマートフォン「Motorola DEFY+ JCB Edition」の発売を発表しました。JCB EditionはMotorolaの防水・防塵スマートフォン「DEFY+」に、衝撃吸収性を持つJCBブランドのバックカバーや水平器・騒音計・フラッシュライトなどの工事現場などで役立つ(?)ツールをセットにした「TOOLBOX」アプリを追加、メーカー保障を1年→2年に延長した限定モデル。パッケージデザインもJCB独自のものになっています。DEFY+はIP67相当の防水・防塵に対応したAndroidスマートフォン。3.7インチFWVGAのTFT液晶(ゴリラガラスを表面パネルに採用)、TI OMAP 3620 1GHz(シングルコア)、1,700mAhバッテリーを搭載。OSはAndroid 2.3.x(Gingebrread)。RAM容量は512MB、ROM容量は2GB、背面に500万画素のCMOSカメラ(AF、LEDフラッシュ付)を搭載。通信機能は、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR、GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(900/2100MHz) 、HSDPA 7.2MBps/HSUPA 2.0Mbps、DLNAに対応します。スタンバイ時間は384時間で、通話時間は7.1時間。本体サイズは107mm×59mm×13.4mm、質量は約118g。メーカー希望小売価格は£259.99(約3万円)。Source : Motorola


(juggly.cn)記事関連リンク
富士通製Androidスマートフォン「F-08D」がDLNA認証を通過
日本気象協会、天気情報ポータル「tenki.jp」のスマートフォン版を公開
CyanogenMod 9のミュージックプレイヤーが発表、近くAndroidマーケットにも公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。