体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

浅田次郎「葉室麟さんの直木賞受賞は我が事のようにうれしい」

生活・趣味
直木賞選考委員の浅田次郎さん

 第146回直木賞は、葉室麟(はむろ・りん)さんの時代小説「蜩ノ記」(ひぐらしのき)に決まった。選考会のあと、選考委員を代表して記者会見に臨んだ作家・浅田次郎さんは「非常にデッサン力があり、目配り気配りも行きとどいた、安心して読める時代小説」と激賞した。

 葉室さんはこれまで4回、直木賞候補に名を連ねてきたが、一歩届かなかった。浅田さんによれば「今回の作品は、今まで『ここが至らない』と言われてきたものを本人が堅実に改めて、これまでにない完成度に仕上がっていた」という。葉室作品を「デビュー時から読み続けてきた」という浅田さんは、

「これまでは(直木賞の選考会で)落とし続けてきたが、この作品にめぐりあえて、我が事のようにうれしい」

と喜びを表現した。

 受賞作の「蜩ノ記」は、豊後・羽根藩という架空の藩を舞台に、「10年後の切腹」を命じられた武士と貧しい山村の民との交流を描いた作品。美しい風景描写を織り交ぜながら、余命を区切られた男が最後をどう生きるかを表現した。

 1951年生まれの葉室さんは還暦の60歳。同い年だという浅田さんは、

「私も還暦をむかえ、余命を感じるようになった、あと10年でなにができるか、ひしひしと重く感じる。これは人生の経験をつんだ人でなければ思いつけない小説だろう」

と述べ、目の前にいる「年下の記者」たちに向かって「還暦になったら、もう一度読み返してください」と呼びかけた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]直木賞発表の瞬間から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv76739590?po=news&ref=news#54:02

(亀松太郎)

【関連記事】
芥川賞受賞・田中慎弥「とっとと会見終わりましょうよ」 喜びの声なく終始憮然
芥川賞、円城塔『道化師の蝶』と田中慎弥『共喰い』の2作が受賞
葉室麟『蜩ノ記』が直木賞に輝く
第146回「芥川賞・直木賞」候補作が決まる 結果発表の「瞬間」をニコ生中継へ
角川とニコ動が描く電子書籍の未来とは? 角川歴彦×川上量生 対談全文

1 2次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会