ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

KDDI、AIを活用した翻訳アプリ「KDDI AI 翻訳」を法人向けに提供開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

KDDI は 2 月 14 日、人工知能(AI)の技術を活用した翻訳アプリ「KDDI AI 翻訳」を開発し、同日より提供を開始しました。「KDDI AI 翻訳」は音声入力と文字入力をサポートした翻訳アプリで、英語 / 中国語 / 韓国語と日本語の翻訳が可能です(対応言語は順次拡大予定)。このアプリでは、音声認識や翻訳の過程でディープラーニングをはじめとした AI 技術を活用し、文脈を認識した翻訳することで、会話に登場する曖昧な表現を精度良く翻訳します。これは、最近 Google 翻訳で実装された AI 機能にも似ています。KDDI は「KDDI AI 翻訳」を法人向けに提供します。また、昨年 3 月より羽田空港の国内線旅客ターミナルの案内所などで実証実験を行っているオペレーターとテレビ電話で通訳サービスを提供する「KDDI TV 通訳」についても同日より正式提供を発表しています。Source : KDDI

■関連記事
Google Pixel Really Blueの米国限定が終了、カナダでも発売
フランス発のWikoがついに国内進出、2月25日に第一弾「Tommy」を発売
BlackBerry、画像への書き込み・手描き対応のスケッチアプリ「Notable」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。