体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気スマホゲーム『クラロワ』公式オフ会が全国8都市で開催! 大阪会場でひたすらTEAM BLACKを応援してきた

01_DSC_3286

どうも、ノジーマです。突然ですが、皆さんはどんなスマホゲームをプレイしてますか? 僕は最近『クラッシュ・ロワイヤル(以下、クラロワ)』というゲームにすっかりハマってしまったのですが、シンプルなようで奥が深く、サクッと短時間でオンライン対戦ができるので本当におもしろい!

そんな『クラロワ』の日本初公式オフ会が大阪を皮切りに全国8か所で開催されることとなり、その初日となった大阪会場に遊びに行ってきたのですが、多くの『クラロワ』プレイヤーが集まり大変な盛り上がりとなりました。今回はその様子をレポートします!

『クラロワ』ってどんなゲーム?

clashroyale2r2

まずは『クラロワ』について簡単に説明させていただくと、手持ちのカードを駆使し、3分間で自分のタワーを守りつつ、相手のタワーを多く崩した方が勝ちという1対1の対戦型ゲーム。基本的にはものすごくシンプルです。

ただし、カードはそれぞれ個性が際立っているので、どのカードをデッキに加えるかによって戦略が大きく変わります。レアなカードをたくさん持っていると当然有利にはなりますが、作戦次第では一見弱く見えるカードでも相手をボコボコに負かしたりもできるので、うまく勝てると非常に気持ちいいですね。

また、1回の対戦が3分で終わるというのが丁度よく、プレイ回数に制限が一切ないので、つい延々と遊んでしまう中毒性の強いゲームなのです。寝る前に布団の中で1試合してから寝ようと思ったのに、負けたのが悔しくて何度も対戦を続けてしまい、気付けばもう朝……という失態を何度繰り返したことか。

いざ大阪オフ会の会場へ。スケールの大きさにびっくり!

03_DSC_3028

というわけで2月12日、大阪・梅田駅から歩いてすぐの場所にある会場・ハービスホールにやってきました。

到着したのは開場の1時間近く前だったのですが、すでにたくさんの人がスマホを片手に『クラロワ』をプレイしながら会場外で待機しています。すげええええ!

04_DSC_3020

一足先に会場の中に入れていただくと、広々としたホールの中に特設ステージと大きな画面が設置されていました。オフ会の中盤で行われる大会の決勝戦はこちらでプレイするそうです。いったいスマホやタブレットの画面サイズの何倍になるのでしょうか。

オフ会というと居酒屋やファミレスなどで集まるイメージでしたが、公式オフ会ともなるとここまでスケールの大きなものになるのですね。

05_DSC_3017

せっかくなので混雑する前に、スタッフさんからの冷たい視線を浴びながらゲーム内のキャラクター“ミニP.E.K.K.A”と記念撮影。このキャラは今回のオフ会のために海外からわざわざ“来日”しているのだとか。めっちゃレアですよ!

1 2 3 4次のページ
ノジーマの記事一覧をみる
ノジーマ

記者:

漫画を描いたりライターをしたり。B旧フード研究家。趣味は昼寝。枕元に尿瓶を置き、ビールを点滴しながら寝て暮らしたい。千葉ロッテマリーンズファン。スマイル党員。 ★1/12変なレシピ本が出ます!★世界一美味しい「どん二郎」の作り方 誰も思いつかなかった激ウマ!B級フードレシピ

ウェブサイト: http://amzn.asia/8N2jTuz

TwitterID: aochins8

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。