ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

オージェイズの歌詞をサンプリングしたドレイクの新作「フェイク・ラブ」(Song Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
オージェイズの歌詞をサンプリングしたドレイクの新作「フェイク・ラブ」(Song Review)

 2017年1月28日に開催された【ザ・ボーイ・ミーツ・ワールドツアー】の途中で、新作『モア・ライフ』を2月26日までに発売すると公言した、ドレイク。間もなくリリースされる本作から、先行シングルとして発売された「フェイク・ラブ」が自身18曲目となる全米ソング・チャートTOP10入りを果たしている。

 友達を装って近づいてくる相手について歌っているこの曲、「成功者である俺の地位を狙っている」という一節もあり、おそらく実体験から書かれたものだろう。サウンドではなく、歌詞のサンプリングとして、オージェイズの大ヒット曲「裏切り者のテーマ」(1972年3位)が使われている。新しい試みだ。

制作は、ドレイクの他に大ヒット作『ヴューズ』(2016年)にも参加した、ビニールズとフランク・デュークスが参加。「ホットライン・ブリング」(2015年)のような、ヒップホップとR&Bの境目をいくメロウ系のトラップソングで、音楽メディア「ピッチフォーク」も2曲を比較し、高く評価している。

 既にR&B/ヒップホップ・チャートでは首位を獲得していて、デジタルセールスは50万枚を突破、全米レコード協会(RIAA)でプラチナディスクに認定されている。アルバム『モア・ライフ』も間もなくリリースされることから、さらに上位へランクインすることが期待される。

 新作『モア・ライフ』からは、アトランタ出身のラッパー、21サベージがゲストとして参加した「スニーキン」、カニエ・ウェストが制作に参加した「トゥー・バーズ・ワン・ストーン」が発表されていて、いずれもクオリティの高い仕上がりになっている。間もなくリリースされるアルバムも、『ヴューズ』に続き大ヒットすることは間違いないだろう。

 ドレイクは、2月13日(日本時間)に開催された【第59回グラミー賞】の「最優秀アルバム賞」に『ヴューズ』がノミネートされていたが、残念ながら受賞を逃した。シングル「ホットライン・ブリング」が、「最優秀ラップ楽曲賞」、「最優秀ラップ/サング・コラボレーション賞」の2部門で受賞している。Text:本家一成

関連記事リンク(外部サイト)

【第59回グラミー賞】年間最優秀アルバムはアデル『25』が受賞、主要4部門で3冠達成
ダフト・パンク、ハリウッドで期間限定ショップをオープン
【第59回グラミー賞】77歳のソウル・レジェンド、ウィリアム・ベルが古巣スタックスからの約40年ぶりメジャー作で初グラミーの快挙

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。