ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NICO Touches the Walls、初の大阪城ホールライブ映像のアートワーク&ダイジェスト公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
NICO Touches the Walls、初の大阪城ホールライブ映像のアートワーク&ダイジェスト公開

NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2016 “渦と渦 〜西の渦〜”自身初となる大阪城ホール。古村大介(Gt)の骨折により当初の日程より5カ月延期して行われたリベンジ公演を映像化した作品が3月15日発売となる。そのアートワークが完成、そしてダイジェスト映像が公開された。

NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2016 “渦と渦 〜東の渦〜と〜西の渦〜”は東の日本武道館と西の大阪城ホールが対になった企画ライヴ。なかでも大阪城ホールでの単独公演はバンドにとって念願の初挑戦。ところが古村大介(Gt)の骨折により公演は延期となり、2016年5月6日、当初の日程より5カ月遅れてリベンジライヴとして実現した。本作は復活を果たした4人の気合と想いが詰まった“西の渦“大阪城ホールの模様を全曲収録。大阪限定で演奏した全員がヴォーカルを務める美空ひばりのカヴァー「お嬢さんとこいさん」も必見。

完全生産限定盤に同梱のボーナスDVD「光坂対、走る。」は毎年恒例の1125ライヴのドキュメンタリー&ライヴ。2015年の企画はバンドが9年前に初めてワンマンライヴを行った下北沢Club251と梅田Shangri-la の2会場を一日で駆け巡るというエキサイティングな企画だったのが、図らずもスリーピース・バンドとなってしまった。このアクシデントを乗り越えて奮闘した3人の記録映像をなんと古村が1人で編集、予想に反して超大作に仕上げてしまった。いつもだったらカットするような映像もふんだんに取り込んだオフショットや独自の視点で編集したライヴは、53分間があっという間に過ぎてしまう結果的快作。こんな映像商品は後にも先にも今回限りの貴重盤である。

NICO Touches the Walls 1125/2015 “初と初 〜東の初〜” “初と初 〜西の初〜”の当日会場でのみ配布された幻の“古村新聞”が原本カラー復刻版として封入。

また、通常盤&DVD完全生産限定盤共に購入者特典はなんと、恒例の「2017-2018 NICOオリジナルノートブックカレンダー(4月スタート)」を抽選で125名にプレゼント。例年とはガラッと変わった斬新なデザインに注目だ(応募締切:2017年3月21日当日消印有効)。

NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2016 “渦と渦 〜西の渦〜”ダイジェスト映像

リリース情報
ライブ映像作品「NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2016 “渦と渦 〜西の渦〜”【2016.05.06大阪城ホール】」
2017年3月15日発売

通常盤(Blu-ray)KSXL235 6.000円+税

通常盤(DVD)KSBL6265 5.200円+税

完全生産限定盤(2DVD+Photo Book(100P)+3方背box仕様)KSBL6263-4 7,000円+税

関連リンク

NICO Touches the Walls オフィシャルサイトhttp://www.nicotouchesthewalls.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。