体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【チョコ】明治のチョコレート工場に潜入&2017年のバレンタインのトレンドを聞いてきた

f:id:Meshi2_IB:20170213101725j:plain

2月といえば、恋の一大イベント・バレンタイン。

個人的な話なのですが、先日夫に「今年のバレンタインは手作りチョコあげるね♥」と言ったところ、「別に作らなくていいから、明治の板チョコにしてくれ」というショッキングな返答をされたのです。

私の手作りはマズいということ?

いや、そんなわけない。

これはきっと、明治のチョコレートがおいしすぎることが原因なのだ! もう、明治の工場に見学に行って、おいしいチョコの極意を学ぶしかない!

f:id:Meshi2_IB:20170213101726j:plain

というわけで、来ちゃいましたよ。「明治なるほどファクトリー坂戸」!

ここは、チョコレートとカールが作られる様子を見学できる施設です。完全予約制ですが、なんと無料! 今回は施設アテンダーの三浦宏美さんにご案内していただきました。

ーーこんにちは! 今回はよろしくお願いいたします

施設アテンダー 三浦宏美さん(以下、三浦):ようこそいらっしゃいました! 今回はチョコレートの製造過程が見たいとのことですが……。

ーーでも、ぶっちゃけカールも見たいです! 今回の企画とは関係ないですが!

三浦:わかりました(笑)。では、ひととおり案内させていただきますね。

f:id:Meshi2_IB:20170213101727j:plain

ハッ! エントランスですでに、ほのかなチョコレートの香りが……。

香りの元をたどってみると、豊潤にあふれ出るチョコレートファウンテンが展示されていました。

三浦:これはうちの工場の手作りチョコレートファウンテンなんですよ。もちろんチョコはうちの工場で作られた明治のチョコレートです。

製造工場ならではのぜいたくなチョコレートファウンテン。濃厚なチョコの香りにクラクラしてきました……。このままでは欲望を抑えきれなくなるので(手持ちのクッキーとか付けて食べちゃいそう)、さっそく工場見学に移動します。

f:id:Meshi2_IB:20170213101728j:plain

まず、案内していただいたのは、カカオと健康コーナー。チョコレートの原料であるカカオのことや、カカオの栄養素、健康効果などを楽しく学ぶ通路です。

三浦:明治のチョコレート原産地である、ガーナのカカオ畑をイメージした作りになっています。

天井はカカオの葉の木漏れ日を表現しているのだとか。ステキです。

f:id:Meshi2_IB:20170213101729j:plain
1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。