ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

トランス脂肪酸は体に悪い?知らないうちに摂りすぎているかも!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
トランス脂肪酸は体に悪い?知らないうちに摂りすぎているかも!

マーガリンやショートニングが体に悪いとよくいいますが、これらに含まれるトランス脂肪酸が原因です。どうしてトランス脂肪酸は体に悪いのでしょうか。現在ではまだ厳しい規制のないトランス脂肪酸ですが、どのようにしてトランス脂肪酸を避けたら良いのでしょうか。

トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸の一種

三大栄養素といえば糖質、タンパク質、脂質のことをいいます。私たちにとって脂質は欠かせない栄養素です。脂質は体のエネルギー源となる他に、血液や細胞膜、ホルモンの材料となり、体内の健康を守る働きがあります。脂質の主成分は脂肪酸です。

脂肪酸はその分子構造により、さらに飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類に分けられます。ところでトランス脂肪酸は不飽和脂肪酸の一種です。一般に不飽和脂肪酸は体に良い油とされ、コレステロールを抑制して血栓を防ぎ、動脈硬化や高血圧を防ぐなどの働きがあります。魚やオリーブオイルなどに多く含まれる油です。

トランス脂肪酸の多くは加工段階でできてしまう

トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸のなかでも変わり種といえるでしょう。トランス脂肪酸は体に害を与える恐れのある不飽和脂肪酸です。トランス脂肪酸は食品から摂取する必要のない油であり、むしろ摂りすぎると悪玉コレステロールを増やし、健康障害を起こすとされています。

トランス脂肪酸の問題は、食品加工の段階で多く作られてしまうことです。牛肉や牛乳など自然食品にもトランス脂肪酸が微量に含まれますが、あまり問題になりません。気をつけなくてはいけないのは加工食品です。知らないうちに、トランス脂肪酸が多く含まれた加工食品を摂りすぎてしまう、ということも起こり得るのです。トランス脂肪酸は工場で植物から油を精製するときに、高温処理をするときに生成されてしまうといわれています。

昔ながらの圧搾方で植物油を精製する場合には、トランス脂肪酸はできないのだそうです。また油をマーガリンなど別の形に加工する際に「水素添加」を行いますが、このときにもトランス脂肪酸が生成されます。だから水素添加を必要とするマーガリンやファットスプレッド、ショートニングにトランス脂肪酸が多く含まれ、その結果、これらが使用されている菓子や惣菜など、様々な加工食品にもトランス脂肪酸が含まれることになります。

賢く食品を選ぶことが大切

日本では諸外国に比べ、トランス脂肪酸に関する対策が遅れていると言われています。もともと日本人は欧米人に比べて脂質の摂取量が少ないことから、それほど問題とならないとの見方もあるようです。しかし食生活が欧米化し、外食することが増えている現代ではそうも言っていられない問題でしょう。

トランス脂肪酸は厳しく規制されていないので、注意しないと過剰摂取となることがあります。今の所は個人レベルで注意して食品を選んでいくことが大切です。賢く選択しながら健康を維持しましょう。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。