体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自宅から1時間圏内&両親フルタイム勤務の実家。里帰り出産する?しない?悩んだ結果 by ナナハル

生活・趣味
自宅から1時間圏内&両親フルタイム勤務の実家。里帰り出産する?しない?悩んだ結果 by ナナハル f:id:akasuguedi:20170208160757p:plain f:id:akasuguedi:20170208160812p:plain f:id:akasuguedi:20170208160832p:plain 前回エピソード:外の世界はまるでジャングル!忘れられない思い出になった「母性丸出しのガルガル期」 by ナナハル

妊娠した友人に「里帰り」についてどうしたか、聞かれることが多かったので、一つの例として参考になればと思い「里帰り問題」について振り返ってみました。

私の場合は「里帰り」というほど実家も離れていなかったのでいつでも帰ることができたのですが、じわじわと続くつわりで食事が満足に作れず、鉄分が不足してしまったので妊娠八ヶ月で仕事を退職しすぐに実家へ行きました。

妊娠中はやはり経験者の母が近くにいることで安心でき、さらには家事をしなくていいのでゆっくり休むことができ、栄養もしっかり取れたのですこぶる調子は良かったと思います。

予想と違ったと言えば、産後です。

予定日より8日遅れて出産し、入院期間を経て帰宅した頃には母がとっておいてくれた休みは終わり、休んだ分忙しくなってしまっていたのでほとんどの時間を私と赤ちゃんと犬、そして帰宅した父と兄で過ごすことになりました!(男だらけ!)

それはそれで新鮮で楽しかったのですが、(笑)

授乳や沐浴の手伝いはやはり経験者である母にしかできないので、慣れないうちは困る部分もありました。(頼れるだけでありがたいのに贅沢な悩みだとは思うのですが…)

そんなこともあり予定より早く自宅に戻ることにし、今回の「里帰り」が終了しました。

「実家」がどういう場所かは人それぞれですよね。

自宅よりも落ち着く場所だったり、1時間が限度という人もいれば、あまり近寄りたくない人、はたまた義実家の方が落ち着く人もいたり・・・!

だからこそ一番大変と言われることもある産後何週間かは「自分の一番落ち着く場所で過ごす」を推奨したいと思いました。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会