体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タレの美学】帯広で出会った「新橋」の真っ黒に輝く豚丼!

グルメ
f:id:mesitsu_lc:20161119100523j:plain

はい、お次、30名さまご来店!

店主の声に驚いて入口を見ると、3人家族が佇んでいました。

今回は、料理も店主のキャラクターも「濃厚」なお店をご紹介します。

北海道・帯広市といえば「豚丼」が有名で、市内にはたくさんのお店が軒を連ねています。

その中でも異彩を放つのが、創業90年以上の老舗「新橋」です。

ドロリと濃厚なタレをまとい、黒光りする豚丼!

タレがうまい! ご飯が進む!

もう止まりません。

グルメなマチ・帯広市!

f:id:mesitsu_lc:20161119100502j:plain

熱々のご飯の上に、「何か」をのせてがっつきたい!

メシ通レポーターの裸電球です。

「丼」、それは魅惑の食べもの。

天丼、うな丼、カツ丼と数々あれど、

今回の舞台、北海道・帯広市は豚丼が有名です。

豚丼を扱うお店が市内にたくさんあるのですが、

どうせだったら地元の人に最も愛されているお店に行きたいじゃないですか。

聞き込みをした結果、教えてもらったのが今回のお店!

f:id:mesitsu_lc:20161119100504j:plain

帯広駅前から歩いて10分ほどで着きました。

「新橋」です。

事前情報によると、

他のお店にはない、個性派な豚丼 が味わえるお店だというのです。

創業90年以上の老舗!

f:id:mesitsu_lc:20161119100505j:plain

すごい!

老舗なんですね。

創業は今から90年以上前、

豚丼を販売するようになってからも60年以上経つそうです。

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会