体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

葉室麟『蜩ノ記』が直木賞に輝く

葉室麟さん

 第146回直木賞の選考会が2012年1月17日、都内で行われ葉室麟さんの『蜩ノ記(ひぐらしのき)』(祥伝社)が受賞した。

・[ニコニコニュース]芥川賞、円城塔『道化師の蝶』と田中慎弥『共喰い』の2作が受賞
http://news.nicovideo.jp/watch/nw179820

 直木賞は作家・直木三十五の名を記念して芥川賞と同じ1935年に制定。短編および長編の大衆文芸作品の中から、最も優秀なるものに贈られる。対象となるのはおもに、無名・新進・中堅の作家。

 葉室さんは福岡県北九州市生まれの60歳。西南学院大学文学部卒業。地方紙記者を経て、2005年『乾山晩愁』で「第29回歴史文学賞」を受賞している。

 ほかに、『いのちなりけり』(第140回直木賞候補)、『秋月記』(第22回山本周五郎賞候補・第141回直木賞候補)、『花や散るらん』(第142回直木賞候補)、『恋しぐれ』(第145回直木賞候補)などがある。

第146回 芥川賞・直木賞 受賞者記者会見を生放送!

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 第146回 芥川賞・直木賞 受賞者記者会見を生放送! – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv76739590?po=news&ref=news

(土井大輔)

【関連記事】
第146回「芥川賞・直木賞」候補作が決まる 結果発表の「瞬間」をニコ生中継へ
角川とニコ動が描く電子書籍の未来とは? 角川歴彦×川上量生 対談全文
「汚染がれきは東電にお返しするのがいい」京大原子炉実験所・小出助教に聞く 全文
「いま気にかかっているのは少年愛のこと」ゲイ雑誌『薔薇族』の初代編集長
第2回「このラノ」大賞は谷春慶「モテモテな僕は世界まで救っちゃうんだぜ(泣)」に

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。