ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

毎日のランチがもっと素敵に♪ 愛着が沸いてくる「曲げわっぱ」のお弁当

  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:ponparemall:20170213155022j:plain画像提供:「曲げわっぱな日々

あたたかさとおしゃれさ、そして、お弁当を一層おいしくしてくれるということで大人気の曲げわっぱ。ひとつ持っていれば、ランチのクオリティがグンとアップすること間違いなしですよね。

そこで今回は、ブログ「曲げわっぱな日々」の著者・近藤奈央さんに、曲げわっぱの上手な使い方、選び方について教えていただきました。

曲げわっぱの魅力とは?

最初に、ほかのお弁当箱に比べて曲げわっぱの良いところを教えてください!

「曲げわっぱの良いところは3つあります。1つ目は『ご飯がおいしくなる』ところ。木が余分な水分を吸ってくれるので時間が経ってもべちゃっとせずふっくらといただけます。2つ目は、『簡単なおかずでも魅力的に見せてくれる』ところ。色とりどりの料理を詰め込まなくても、焼魚、青菜のおひたし、おにぎり…素朴な料理をぐっと美しく見せてくれます。そして3つ目は、『使っていくごとに色が変わっていく』ところ。自然素材でできているので、使うたび、洗うたびに木肌全体の色がゆっくりと変わっていきます。日々使うごとに、自分だけの色になっていく。愛着が増していくんです」(近藤さん・以下同)

オススメメニューをご紹介♪

確かに、曲げわっぱのお弁当って素朴な中にも華やかさがありますよね。そこで次に、曲げわっぱのお弁当がますます美味しく&美しくなる、近藤さんオススメのメニューを教えていただきました!

オススメメニュー(1) 「鮭の焼き浸し 」

f:id:ponparemall:20170213155433j:plain画像提供:「曲げわっぱな日々」

「ほんのり甘辛い焼鮭はご飯のおかずに最適。これに青菜や卵焼きを加えれば、見栄えもよく、おいしい曲げわっぱ弁当がすぐに完成します!」

【材料(1人分)】

鮭:一切れ

醤油:大さじ1

みりん:大さじ1

【作り方】

1.フライパンや魚焼きグリルで鮭をこんがり焼く

2.醤油とみりんを混ぜ、焼きたての鮭に浸して冷ましておく

3.タレをキッチンペーパーで軽く拭き取って詰める

オススメメニュー(2) 「根菜のオーブン焼き」

f:id:ponparemall:20170213155713j:plain

画像提供:「曲げわっぱな日々」

「ちょっと面倒な根菜の料理。オーブンでまとめて焼いておくと常備菜として重宝します。おかか醤油で和えたり、レモン汁とチリペッパーで風味付けしてみたり、いろんなアレンジができてとっても便利です」

【材料(作りやすい量)】

ごぼう:1本

にんじん:1本

レンコン:1つ

じゃがいも:2個

…などお好みの根菜

サラダ油、またはオリーブオイル:大さじ3~4

塩:適量

【作り方】

1.それぞれの野菜を切る。ごぼうは皮の泥を落とし斜め切り。にんじん、れんこん、じゃがいもは皮付きのまま一口大に切る。

2.野菜をすべてボウルに入れ、サラダ油かオリーブオイルを絡める

3.200°Cのオーブンで20分程焼く。芋類が柔らかくなっていればOK。様子を見ながら加減をする

4.熱いうちに塩を振り、できあがり。保存する時は冷ましてから冷蔵庫に入れる

オススメメニュー(3) 「素麺で塩昆布と塩すだちのさっぱりパスタ風」

f:id:ponparemall:20170213155824j:plain

画像提供:「曲げわっぱな日々」

「ご飯に飽きたら麺も入れてみましょう! 時間が経つと麺がくっつくので、オイルをからめておくのがテクです。半田素麺は時間が経つと生パスタみたいにモチモチになります。お弁当ならではの食べ方をぜひ試してみてください」

【材料(1名分)】

半田素麺や乾麺(パスタ、ショートパスタなど):80g

キャベツ:1枚

塩昆布:適量

塩すだち:1/2個

オリーブオイル:大さじ1

粗塩:適量

※うどんは食感の変化が大きいので避けたほうが良い

【作り方】

1.半田素麺はお湯で5分茹で、ざるにあげて流水で冷やす。水気を切ってボウルに入れ、ごま油をまぶす

2.キャベツは食べやすい大きさに切り、レンジか茹でて火を通す。しっかり水気を切っておく

3.塩すだちは粗いみじん切りにする

4.すべての材料を素麺と和える。味をみながら粗塩を加えてできあがり

どれも美味しそう! ちなみに、曲げわっぱに入れるのに適さないメニューや食材はあるのでしょうか?

「曲げわっぱの木肌が水分を吸うので、パンやサンドイッチを入れるとパサパサになってしまいます。ワックスペーパーやラップで包むなどして、パンが乾かないようにしましょう」

詰め方でもっと美しく!

料理ができたら、お弁当につめつめ…。だけど、ちょっと待って! 実は、曲げわっぱには詰め方にコツがあるのだとか。

「密封性がないので、汁気が多いものは向きません。ソースやドレッシングは別添えにする、お浸しはしっかり水気をとって詰める…など、普通のお弁当箱に詰めるときよりも水分に気をつけましょう。

また、塗装がない曲げわっぱの場合は、木に色移りしやすいです。何回か洗ううちに落ちますが、気になるようでしたら食品が直接木に触れないようにワックスペーパーやおかずカップを使って詰めるようにしましょう」

f:id:ponparemall:20170213160020j:plain

画像提供:「曲げわっぱな日々」

なるほど、水分のコントロールがコツなんですね!

オススメの曲げわっぱを教えてください!

「曲げわっぱ」とひと口にいっても、種類や産地が様々。近藤さんオススメの曲げわっぱは?

「秋田県大館市で作られている『大館曲げわっぱ』です。気候の厳しい土地で育った杉が使われているので、木目の美しさはピカイチ。少々お値段は張りますが、一生ものとして使える素晴らしい製品です。できれば、なにも塗装されていない白木が◎。木肌がご飯の水分を吸ってくれる効果を実感できますよ」

f:id:ponparemall:20170213160158j:plain

天然秋田杉を使用。仕切りがあるのもうれしいですね

「大館曲げわっぱ 弁当箱(小)」/9,720円(税込)(和雑貨と和小物のお店 和敬静寂)

f:id:ponparemall:20170213160348j:plain

まん丸な曲げわっぱもかわいい。木目の美しさが際立ちます

「大館曲げわっぱ」/7,020円(税込) (みよし漆器本舗)

その他の大館曲げわっぱをチェックする⇒

本当にけっこう値段が張りますね! 一生ものにできる曲げわっぱ、より長く使用するために、正しいお手入れ方法も知りたいです。

「ぬるま湯にしばらく漬け、ご飯のこびりつきを柔らかくします。そのあとスポンジに洗剤をつけて優しく洗います。よくすすいだら10分くらい伏せて水気を落とし、そのあと上向きで乾燥させます。しっかり乾かさないとカビの元になるので、毎日使わず、丸一日置いて使うのがオススメです」

f:id:ponparemall:20170213160843j:plain画像提供:「曲げわっぱな日々」

曲げわっぱのお弁当ができたら、レッツ撮影!

せっかくきれいに仕上がったお弁当、しっかり写真を撮ってあげたいですよね! 写真家でもある近藤さんに、上手なお弁当の撮り方を教えてもらいました。

「料理写真で一番大事なのは光の方向です。お弁当の向こう側から手前に向かって光が差す位置を探してみてください。スマホは真上からのアングルが得意なので、スマホを使って撮影する場合はテーブルの上にお気に入りのクロスを敷いて、余白を多めにとって真上からシャッターを押しましょう。クロスは白やアイボリーなど明るい色がおすすめです。これで透明感のある写真が撮れますよ」

f:id:ponparemall:20170213160959j:plain画像提供:「曲げわっぱな日々」

SNSにアップすれば、「いいね」が付きまくること間違いなし!?

曲げわっぱ、本当に魅力的なお弁当箱です! ぜひ1つ手に入れて、毎日おいしいランチを楽しんでみてくださいね♪

(プロフィール)

f:id:ponparemall:20170213163339j:plain

近藤奈央【こんどう・なお】

フードフォトグラファーとして活躍する一方、曲げわっぱに魅了され、ブログ「曲げわっぱな日々」にて、曲げわっぱの素晴らしさを発信中。自宅のある徳島・神山町にて、フォトレッスンも開催している。

電子書籍「曲げわっぱな日々 ~簡単、美味しい、お弁当レシピ~」

「曲げわっぱな日々 ~夏を楽しむお弁当レシピ~」(Kindle版)も発売中。

(今回紹介した商品)

・大館曲げわっぱ 弁当箱(小)/9,720円(税込)(和雑貨と和小物のお店 和敬静寂)

・大館曲げわっぱ/7,020円(税込)(みよし漆器本舗)

その他の大館曲げわっぱをチェックする⇒

取材・文/林繭子

監修/近藤奈央

関連記事リンク(外部サイト)

2種の鍋を作る以外にも使える!? 二色鍋の使い道を考えてみた!
キーワードは「ナチュラル」な仕上がり。出動! 男の“ムダ毛”処理班
重箱は正月以外にも大活躍!? オシャレ重箱“箱詰め”レシピ

カテゴリー : エンタメ タグ :
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。