ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

一風堂、スマートフォンを利用した新ポイントサービス「一風堂メンバーカード」を3月に開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
力の源ホールディングスは 2 月 13 日、ラーメン店「博多一風堂」で 3 月 7 日よりスマートフォンを利用して新しいポイントサービスを提供すると発表しました。一風堂の新ポイントサービス「一風堂メンバーカード」はスマートフォンアプリ「スマホサイフ」内で展開されるサービスとなっており、スマホサイフの利用が必要となっています。発行ポイントは 500 円(税込み)の食事につき 1 ポイント(スタンプ)となっており、3 ポイントで替玉または 100 円以下のトッピング 1 品、9 ポイントでハーフ餃子(5 個入り)、30 ポイントで好きなラーメンと交換できます(交換オプションは他にもあります)。一風堂の利用者は店舗での支払い時にスマホサイフを起動し、ポイントカードの画面をレジの店員に見せると、電子スタンプが画面に押印されます。これでスタンプの発行は完了です。既存の紙方式のスタンプカード・ポイントカードによる会員サービスは 2018 年 3 月までは継続しますが、スマホサイフとの併用はできません。なお、「一風堂メンバーカード」の対象店舗からフードコート内の Express 店舗は除外されています。Source : 一風堂

■関連記事
Google、YouTubeの音楽チームとGoogle Playミュージックのチームを統合する計画?
BIGLOBE SIMの「エンタメフリー・オプション」においてSpotifyが2月16日よりカウントフリーに
Android版「AbemaTV」にワンタイムパスワード機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。