体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2017年最新】徹底比較!PHPの人気フレームワークまとめ

PHPは、Webシステムのためのプログラミング言語として登場し、現在も多くのサービスを生み出しています。そして、Webサービスを使う上で多用されているのがフレームワークです。

今回はそんなPHPでの開発を支えている、人気のフレームワークを紹介しています。フレームワークごとに特徴が違うので、比較する上での情報として参考にしてみてください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPHPオンライン講座の内容をもとにしています。

 

フレームワークとは

言葉の通り「骨組み」を表します。

画面の表示やデータベースへの登録といった、どのシステム開発でも必要な機能を、ある一定のルールに沿って開発が可能となるように、標準化したものをフレームワークと呼びます。

フレームワークを利用することで開発者は効率的に開発を行うことができます。

また、プログラムの品質を均一化という面からもフレームワークの役割は大きく、システム開発を行う上でフレームワークの知識と経験は必須となっています。

 

Laravelとは

【2017年最新】徹底比較!PHPの人気フレームワークまとめ

メリット

2015年にバージョン5がリリース!今最も『旬な』フレームワーク

Laravel自体は2011年から開発が開始されていますが、日本で本格的に注目を集めるようになったのは、欧米で「2014年における最も有望なPHPフレームワークの1つ」として紹介された2013年12月ごろです。

実際にPHPの開発案件としてLaravelが出てくるようになったのは2015年ごろからで、翌年には案件の問い合わせのうち何割かはLaravelの名まえが出てくるようになりました。まさに、今が『旬な』フレームワークと言えます。

 

デメリット

若干敷居が高いが、今後のフレームワークの主流になる可能性を秘めている

他のフレームワークに比べると新規での開発が多く、運用されているサービスの改修案件は少なめです。Laravelを取り入れている企業も多くはないので、初心者にはまだ敷居が高いフレームワークでしょう。

しかし、最近はQiitaなどの技術的な記事も多くあげられるなどLaravelの学習環境が整ってきているため、これから本気でWebシステムの業界を目指す人にはまさにお勧めのフレームワークと言えます。

 

CakePHPとは

【2017年最新】徹底比較!PHPの人気フレームワークまとめ

メリット

2015年にメジャーバージョンアップを遂げ3系が登場。実績と将来性のあるフレームワーク

CakePHPは2005年から存在するPHPフレームワークの大御所です。2011年にバージョンが2系になり、以降、マイナーバージョンは上がっていますが現在も2系が主流です。

しかし、2015年には3系がリリースされ、特にデータベース周りの機能が大幅に強化されています。2.4からプラグインとして追加できたmigrations機能が標準装備され、DB構造をソース管理できるようになりました。DB構造を簡単に管理、更新できるようになったことで、チーム開発の選択肢としてCakePHP3は有力です。

 

デメリット

一部クライアントによっては敬遠される

CakePHPは歴史がある分、いい印象を持っていないクライアントもいます。

原因のほとんどはCakePHP自身ではなく実装者個人の問題ですが、CakePHPで作られたシステムは品質が悪い(信頼できない)ということでNGが出る場合もあります。

「よく知らなくてもある程度のものができてしまう」というフレームワークの負の遺産をCakePHPは背負っているとも言えます。

1 2次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会