体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハードボイルド・「つけ麺」の世界 ~ 食べ歩きマニア道 其の7【タベアルキスト】

f:id:tabearukist:20170205030857j:plain

こんにちは。メシ通レポーターのタベアルキストYamauchiです。

各担当者が自分の好きな料理を徹底的にマニアックに掘り下げ、みなさんに魅力を伝える当シリーズ第7弾。

今回はついつけ汁につけないで食べてしまう、「つけ麺」の自家製麺の魅力に迫ります。

「食べ歩きマニア道 ハードボイルド・◯◯の世界」とは──

国内の飲食店を中心に足を運び、これまで食してきたメニューは、のべ1万食以上。“食”に真摯(しんし)に向き合うタベアルキストたちが、特に気になるメニューを挙げ、食材や調理法などに着目し、みなさんにお届けする企画です。

しおらーめんの名店

f:id:tabearukist:20170205190941j:plain

町田汁場 しおらーめん 進化 本店

2007年に町田市にオープンした「町田汁場 しおらーめん 進化」。

駅から徒歩で15分ほど、通りから奥まった目立ちにくい場所にあり、オープン当初こそお客さんがなかなか来なかったこともあったようですが、そのおいしさが口コミで広がり瞬く間に行列店になりました。

そして、ラーメン情報各誌で塩ラーメン部門の1位を取るなど全国に名を知られた名店になり、「進化」のラーメンを食べるためだけに町田まで来るお客さんも増えています。

2012年には、本店とは全く異なる小田原系ラーメンをモチーフにした「醤油ラーメン」を提供する2号店を新中野にオープンし、話題になりました。2014年には、新中野から町田駅前に移転して、本店とは異なるメニューで一日中行列の絶えない人気店になっています。

f:id:tabearukist:20170205191022j:plain

▲町田汁場 しおらーめん 進化 駅前店

店内は店主こだわりのロックテイストあふれる内装で、常にハードロック系のBGMが控えめに流れています。

スタッフもみな優しく丁寧な接客で、ゆっくりくつろいで食事をすることが出来ます。

f:id:tabearukist:20170205032114j:plain

自家製麺への切り替え

f:id:tabearukist:20170205191043j:plain

2015年に入ると、本店の向かいに製麺所を作り、自家製麺を始めました。

看板メニューの「しおらーめん」を手始めに、ひとつひとつのスープに合わせた麺を開発し、各メニューを順番に自家製麺に切り替えていきました。

それ以前からもとてもおいしいラーメンが、自家製麺に切り替わることで更においしくなるという驚きを、何度となく味わいました。

その日の気温や湿度に合わせた調整だけでなく、日々のスープやタレの改善に麺も合わせていける自家製麺のアドバンテージは計り知れないものがあります。

何年もかけてブラッシュアップされたスープがあるからこそ、迷うことなく自家製麺に打ち込めるのだと思います。

「麺を作らないラーメン屋はスープ屋だ」

という、支那そばや創業者 佐野実さんの言葉が思い出されます。

「しおつけ麺」誕生

2016年に入り、自家製麺への切り替えを前にして、唯一「白醤油つけ麺」だけは販売を終了してしまいます。

「白醤油つけ麺」も人気メニューだったので残念な気持ちもあったのですが、全てをリニューアルするという話を聞き、新しいつけ麺への期待が日に日に膨らんでいました。

そして2カ月が経ち、新たに「しおつけ麺」が提供されることになりました。

f:id:tabearukist:20170205030857j:plain

▲しおつけ麺(900円)

他のメニューはスープに合わせて麺を作りましたが、「しおつけ麺」だけは、まず麺のイメージがあり、麺を作りあげてから、その麺をいかすスープを作るというアプローチになりました。

麺が主役の「つけ麺」ならではかもしれませんが、それだけ良い麺が出来たからだと思います。

f:id:tabearukist:20170202002721j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。