体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

UVERworld 「まっすぐ曲を書いて、まっすぐ伝える」心を寄せられる彼らの楽曲…最高のファンとの“共存”をみたSSA公演レポート

エンタメ
UVERworld 「まっすぐ曲を書いて、まっすぐ伝える」心を寄せられる彼らの楽曲…最高のファンとの“共存”をみたSSA公演レポート

 UVERworldが、2月10日 さいたまスーパーアリーナにて【UVERworld ARENA TOUR 2016-2017】を開催。17,000人のファンを熱狂させるステージを展開した。

UVERworld ライブ写真一覧

 開演前から興奮状態にあったこの日、大歓声の中、UVERworldは颯爽と登場。「誰一人おいてかれんじゃねえよ!!」最新シングルc/w曲で映画『新宿スワンII』挿入歌にもなった「エミュー」からライブをスタートさせ、さいたまスーパーアリーナでライブハウスさながらの一体感を生み出していく。またBillboard JAPAN.comが発表しているシングル・セールスチャートで(http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/47189/2)、2月1日にリリースしたシングル『一滴の影響』が1位になった報告と感謝を述べ「でもホントに、俺たちが狙わなきゃいけないのは“みんなの心を鷲づかむ”そんなチャート1位」とTVアニメ『青の祓魔師 京都不浄王篇』のオープニングテーマにもなっている「一滴の影響」を披露したのだった。

 UVERworldの楽曲はメッセージが強く浮かび上がってくる。抽象的な言葉でなく心に浮かんだ届けたい言葉を、その気持ちになって伝えるTAKUYA∞(vo)。加えて、そのメッセージが表現する色をイメージさせるメロディにのせて贈られ、聴く者の胸に突き刺さり留まる。ゆえに、ジャンルレスな彼らの楽曲がうまれてくるのだろう。そして「まっすぐ曲を書いて、まっすぐ伝える」そう曲間に感極まって発したTAKUYA∞は、いつでも最高の状態でステージに立って歌を届けるためにカラダ作りや健康管理など様々な実践をしている。それを共有する最高のファンもまた、そんなステージに心を開放し一緒に歌い、大いに盛り上がる姿をさらす。この“共存”という光景が非常に美しいものだった。

 その後、緊張ほぐすために…と怖い話から「魑魅魍魎マーチ」、何年先もこの最高なライブを続けていこうと「ALL ALONE」、そして「O choir」で大合唱を生み出していく。さらに後半戦も炎があがり熱狂のアクトを展開。さいたまスーパーアリーナが揺れた“史上最高”の「IMPACT」に、素敵な旅を今後も一緒に楽しみましょうと未発表曲「LONE WOLF」「7日目の決意」、最後は“また会おう”と約束し「終焉(未発表曲)」で締めくくった。

 翌11日には、同会場で男祭り【UVERworld KING’S PARADE 2017】も開催。「新しい時代に足跡をつける。それがチームUVERworld! よろしくどうぞ!」と幕を下ろしたこの日、23,000人の男性ファンが集まりアーティスト史上最大の動員数を記録した。なお、4月16日にWOWOWにてUVERworldの特別番組『UVERworld 男祭りHISTORY』がオンエア。今回の男性限定ライブ模様が放送される他、番組内では過去の男性限定ライブのダイジェストや、メンバーへのインタビュー映像なども届けられる。

◎セットリスト
【UVERworld ARENA TOUR 2016-2017】
2017年2月10日(金)さいたまスーパーアリーナ
01. エミュー
02. I LOVE THE WORLD
03. WE ARE GO
04. GOLD
05. 一滴の影響
06. REVERSI
07. Collide
08. Fight For Liberty
09. 魑魅魍魎マーチ
10. earthy world
11. energy
12. ALL ALONE
13. THE OVER
14. O choir
15. over the stoic
16. ナノ・セカンド
17. PRAYING RUN
18. 零HERE ~ SE ~
19. IMPACT
20. LONE WOLF ※未発表
21. 7日目の決意
22. 終焉 ※未発表

1 2 3次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会