ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

相撲大好き芸人、2017年に注目する力士3選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

相撲大好き芸人、2017年に注目する力士3選
J-WAVEで放送中の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー、旬なトピックスを専門家が解説する「CURIOUSCOPE」。 2月10日(金)のオンエアでは、“相撲大好き芸人”こと、キンボシの西田淳裕さんをゲストにお迎えしました。

「力士、相撲関係者にはほぼ100%知られている」といわれる西田さんは、白鵬関も“大のお気に入り芸人”で、NHKの相撲中継の解説にも出演するほどなのだとか。

最近の相撲界最大のニュースといえば若乃花関以来、19年ぶりの日本人横綱となった稀勢の里関。西田さんによると、こんなに盛り上がっているのは「日本出身だから」という理由だけではなく、「横綱になったのが稀勢の里だから」ということが大きいそうです。

「18歳から幕内に入って、貴乃花さん以来のスピード出世で…。みんなが『貴乃花の再来』と思っていた中で足踏みしてた愚直な男がやっと掴んだ横綱、というのが、みんなを感動させてフィーバーを巻き起こしましたね」と分析する西田さん。2年前に稀勢の里関の一門のトークイベントの司会をキンボシで行ったため、稀勢の里関とも親交があるそうです。

そんな西田さんに、2017年、注目すべき力士3人を挙げていただきました。

まずは、“御嶽海”関。

「新時代のホープ、この人にかかっている」と西田さん。先場所も11勝4敗で技能賞を獲得した御嶽海関は、もともとアマチュアで活躍していたそう。実は和歌山県庁に内定が決まっていたそうですが、親方に説得され、安定を蹴って大相撲に挑戦したこの力士に注目しているそうです。

続いて、“高安”関。

“今、一番大関に近い”と言われているそう。稀勢の里関の弟弟子で、太刀持ちも行なっているそうです。実は入門したきっかけは稀勢の里関を見て「同じ茨城県出身で年の近いこんな人が頑張ってるんだ。入るんだったらこの人の部屋に行こう」と思い、同じ部屋に入門したそうです。

最後は、“トゥルボルト”関。

モンゴル出身で、現在はまだ日本大学相撲部に在籍中とのこと。錦戸部屋に入門して「5月にデビューするのでは?」といわれている力士にも注目している西田さん。逸ノ城関、照ノ富士関と同じ飛行機で3人で来日したそうですが、この2人がブームになっているときに「実はもう一人えげつない奴がいるぞ」と騒がれていたのがこの“トゥルボルト”で、ようやくデビューするとのこと…。「11月場所では幕内で見られるかもしれない! 名前を覚えておいてほしい!」と熱弁する西田さんですが、四股名はこれから決まるようですね(笑)。

2017年、これからの相撲界に注目しましょう!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:毎週金曜16時30分ー20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。