ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

フランスで活躍する日本人写真家の“人脈作り術”

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

フランスで活躍する日本人写真家の“人脈作り術”
J-WAVEで放送中の番組「SMILE ON SUNDAY」のワンコーナー「CHINTAI TOKYO DISTRICT」(ナビゲーター:秋元梢)。2月12日(日)のオンエアでは、パリに恋してやまない、フォトグラファーでジャーナリストの梶野彰一さんをお迎えしました。

梶野さんは秋元をパリコレで撮影したこともあるとか。秋元にとっては「フランスといえば梶野さん」というイメージだそうですが、そもそも、梶野さんがフランスに興味をもったきっかけは、フランス語が好きになったからだそうです。

梶野:フランスの映画を見ていて、映画のセリフを録音して聴いていました。それに、フランス人の会話は歌のようだと思っていて、カフェでもフランス語が分からなかった当時は、人の会話が鳥のさえずりのように聞こえてきました。
秋元:私もフランス語は分からないけど、フランス語を聞くと安心します。トゲトゲしくないというか、優しく包んでくれるというか。
梶野:その、優しく包んでくれる言葉の中に、皮肉が潜んでいることがあるので素敵です。

そんな梶野さんですが、実はフランスに住んでいるわけではありません。フランスが好きなのにパリに住まない理由をお聞きしました。

梶野:「好きなアイドルと結婚しない感じ」って言ってるんですけど…パリは長い間いると大変なこともあるので、訪問しているレベルだと嫌な目に遭わなくて、ずっと好きでいられるかなと思いまして。
秋元:なるほど(笑)。

とはいえ、フランスに詳しい梶野さん。秋元もまわりのスタッフのみなさんから「パリのことは梶野さんに聞いて」と言われるほどだそうです。以前、秋元はフランスでおすすめのチョコレートを聞いたことがあったとか。

梶野:「アラン・デュカス」をおすすめしたと思うんですけど、お店に行くとチョコレート工場がシースルーで見えて、作ってるところも香りが良くておすすめしました。
秋元:通りから見ると「ここにお店があるのかな」と思って扉を開けると奥にあるっていう。それもパリならではの佇まいだなと。

また、梶野さんは、フォトグラファー、ジャーナリストとして活躍していることもあり、ジェーン・バーキンの撮影をしたり、イヴ・サンローランのディレクターを務めたエディ・スリマン、ダフト・パンクなど、いろいろな著名人とお会いしてきました。梶野さんは、例えば「ダフト・パンクが好きだ」「バンドのフェニックスが好きだ」ということを言っているうちに、会う機会を得ることができたそうです。

梶野:フェニックスと友達になって、エディ・スリマンに会いたいって言ってたら、ある日「◯◯のカフェに来て」って言われて行ったら、エディ・スリマンに会えたんです。
秋元:すごい! この番組ではよくゲストの方から「言ったことは叶うから、やりたいことはどんどん言った方が良い」っていう話になるんです。
梶野:ただ、「フランス人になりたい」と言っていて、なれてないですけど(笑)。

と、フランスの話は尽きませんでした。番組ではそのほか、フランス人の特徴や注目しているホテルの話まで、大いに盛り上がりました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「CHINTAI TOKYO DISTRICT」
放送日時:毎週日曜 11時40分−12時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/district/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。