体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【20代の不格好経験】仕事への慢心から気が緩み、遅刻癖が再発。社長に怒鳴られて…~株式会社チカク代表取締役社長 梶原健司さん

今、ビジネスシーンで輝いている20代、30代のリーダーたち。そんな彼らにも、大きな失敗をして苦しんだり、壁にぶつかってもがいたりした経験があり、それらを乗り越えたからこそ、今のキャリアがあるのです。この連載記事は、そんな「失敗談」をリレー形式でご紹介。どんな失敗経験が、どのような糧になったのか、インタビューします。

リレー第21回:株式会社チカク代表取締役社長 梶原健司さん

株式会社ソラコム代表取締役社長 玉川憲さんよりご紹介)

f:id:itorikoitoriko:20170202175615j:plain

(プロフィール)

1976年兵庫県淡路島生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業後、1999年に米アップルの日本法人に入社。ビジネスプランニング、プロダクトマーケティング、ソフトウェア・インターネットサービス製品担当、新規事業立ち上げ、セールス責任者などを経験し、2011年に退職。2014年に株式会社チカクを創業。スマートフォンで撮影した動画や写真を実家のテレビに送るサービス「まごチャンネル」を展開する。

f:id:itorikoitoriko:20170202175619j:plain

▲スマートフォンで撮影した動画や写真を、インターネット環境がなくてもご実家のテレビに送れる「まごチャンネル」。離れて暮らす祖父母宅のテレビに、孫専用のチャンネルを追加し、テレビを観るように簡単、気軽に孫の様子を見ることができる。「離れて暮らしているけれど孫の姿が見たい」という祖父母世代のニーズと、「孫を見せたいけれどなかなか行ける機会がない」という子ども世代のニーズ両方を叶えるサービスと好評。

12年間でさまざまな役割を経験。部署が変わるごとに失敗と挫折を繰り返してきた

1997年にCMなどで放映されていた、アップルコンピュータの広告キャンペーン「Think different.」に感銘を受けて、大学卒業後の1999年にアップルの日本法人に新卒入社。以後、2011年に退職するまでにさまざまな仕事を経験しました。

入社当初は、まだスティーブ・ジョブズがアップルに戻って来て間もない頃で、業績低迷期から抜け出せておらず、当時の主力製品である「Mac」もグローバルPC市場でシェアわずか2%というニッチなプロダクトでした。

実は、内定をいただいた当初は3年でアップルを辞める予定を立てていました。3年間がむしゃらに働き、いろいろなことを経験したのちに起業しようと考えていたのですが、その後iMacが人気を集め、iPodが発売されiPhoneが出て、そしてiPadが出て…と業績は急激に右肩上がりに。「こんな面白い会社はほかにはない!」と辞めるタイミングを失い、結局12年間もお世話になりました。

その間、さまざまな部署でさまざまな役割を経験しましたが、どれも未経験の仕事ばかりだったので配属当初は失敗ばかり。その都度、大きな挫折感を覚えましたが、できないながらも「なにくそ!」ともがき、何度も挑戦してはやり抜いてきました。こうして一つひとつの仕事に愚直に取り組み、壁を乗り越えてきましたが、今、これらの経験がすべて活きていると強く実感しています。

プロ集団の中に新人が一人…何をしていいのかすら、わからない

f:id:itorikoitoriko:20170202175616j:plain

入社後、最初に配属されたのは、プロダクトマーケティング部門。アップルは「プロダクト命」の会社。その会社のマーケティング全般を担当するという、全社的にも非常に重要な部署です。

アップルは新卒採用をほとんど行っておらず、人材確保は中途採用が中心。私のときも、新卒入社者は2名のみ。従って、プロダクトマーケティング部門は私以外全員中途入社者。しかも、スタンフォードのMBAホルダーや、外資系コンサルティング会社出身の精鋭ばかりが集まっていました。そんな部署に、何のはずみかたった一人送り込まれてしまい、最初の「挫折」を味わいます。「何が」わからないのではなく、「何も」わからなかったのです。

プロダクトマーケティング部門では、ビジネスプランニングを担当。日本における製品の価格設定や需給予測、製品全般のビジネス計画を立てていく部署ですが、当然ながら知識は全くありません。

当時は新卒向けの導入プログラムなどはなく、OJTで仕事を覚えるしかありませんでした。しかし、周りは全員、この道のプロフェッショナル。皆、自分の目標を達成するためにまい進していて、いい意味で「われ関せず」。急に入ってきた新人のことなど、誰も助けてはくれません。自分はここにいるべきではない人材なのでは…と落ち込みました。

しかし、それでも何か仕事をしなければなりません。困り果てた私が取ったのは、「わからないことがあったら、無理やりにでも周りに聞く」という方法。先輩方にとっては本当に迷惑だったと思いますが、わからない用語があれば聞き、知りたい情報があれば聞き…を繰り返しました。入社するまでWordもExcelも触ったことがなかったので、「Excelのフォントサイズの変え方」まで聞いていましたね。今思えば、MBAホルダーになんて質問していたんだ!と恥ずかしくなります(笑)。

それでも皆、助けを求めれば手を差し伸べてくれました。「これがわからないので教えてほしい」と具体的に助けを請えば、プロだからこそ、一から真剣に教えてくれた。ありがたかったですね。

また、新人ということで、さまざまな重要な会議に「議事録係」として参加できたこともラッキーでした。

会議の内容を、ただひたすら記録するという役割ですが、当然ながら初めは何を言っているのかチンプンカンプン。しかし、回を重ねるごとにおぼろげながら内容がつかめるようになっていきました。アップルが重視していた「サプライチェーンマネジメント」の仕組みや重要性についても、ここで覚えましたね。議事録係で得た知識を仕事でも活用し、少しずつ仕事が回せるようになり、徐々に自信もついていきました。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。