体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

セルフィーの「こちら側」に注目。

セルフィーの「こちら側」に注目。

エッフェル塔やサクレ・クール寺院、ルーヴル美術館、ビッグ・ベン…パリとロンドンを代表する観光スポットは、誰にとっても魅力的なフォトスポット。それらを写すだけでは物足りず、どうせなら自分も入りたい!とついつい自撮りしたくなる気持ち、分かります。

でも、もしかすると、そうやって笑顔でセルフィーしているあなたたちこそが、本当に魅力的な被写体だったりして?

 イイ顔してますよ。

セルフィーの「こちら側」に注目。 これは、ニューヨーク出身の女性フォトグラファー、C. Londonによるプロジェクト「Selfies Across Europe」。多くの人が自撮りに夢中になっている様は、たしかに旅先ではよく目にする光景。だけれども、あえてその様子にフォーカスして撮影するなんて発想、普通はないですよね。セルフィーの「こちら側」に注目。セルフィーの「こちら側」に注目。セルフィーの「こちら側」に注目。 セルフィーの「こちら側」も、イイ写真ですよ。セルフィーの「こちら側」に注目。セルフィーの「こちら側」に注目。セルフィーの「こちら側」に注目。セルフィーの「こちら側」に注目。セルフィーの「こちら側」に注目。セルフィーの「こちら側」に注目。セルフィーの「こちら側」に注目。セルフィーの「こちら側」に注目。セルフィーの「こちら側」に注目。セルフィーの「こちら側」に注目。セルフィーの「こちら側」に注目。セルフィーの「こちら側」に注目。

こうした写真を撮り続けているうちに、「セルフィーはミレニアル世代のもの」という考え方が誤っていたことに気づいたという彼女。あらゆる国のあらゆる世代において共通の社会現象であるというこの事実を、アジアやアフリカ、南米など世界の人に知ってほしいとコメントしています。その思いはなんと、一冊のに。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。