ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Note 8のコードネームは“Baikal”?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Galaxy Note 7 の後継モデル「Galaxy Note 8」は “Baikal” というコードネームの下で開発されているとの噂が浮上しました。この情報は Weibo の情報通である Ice universe 氏が Twitter に投稿したもので、現時点で、この名前を確認できる情報は出てきていません。Baikal はロシアのシベリア地域に位置する三日月型の湖「バイカル湖」から取ったものだと言われていますが、Galaxy Note 8 とどのような関係があるのかは不明です。Galaxy Note 8 の発売は、Samsung 自身が公式に認めていることなので、その存在自体は驚くべきことではありません。また、今回は単に「Baikal」のコードネームで開発されているらしい、という情報が伝えられただけです。Source : Twitter

■関連記事
Microsoft、AndroidデバイスからWindows 10上のアプリをリモート制御できる「Project Rome Android SDK」をリリース
NTTドコモ、PCサイトのdアカウントログイン用に「スマホ認証」を導入
イベントレポート : 沖縄で開催中の「Galaxyキャラバン」イベント

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。