ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Microsoft、AndroidデバイスからWindows 10上のアプリをリモート制御できる「Project Rome Android SDK」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Microsoft は 2 月 8 日、Android デバイスから Windows 10 のアプリをリモートから起動・制御できる「Project Rome Android SDK」のリリースを発表しました。Project Rome は異なるデバイス・プラットフォーム間の連携を可能にするための枠組みで、Project Rome Android SDK は Android アプリ用のソフトウェア開発キットになります。これは Java と Xamarin 上で動作します。Project Rome Android SDK を利用すると、クラウドサービスに接続または同一ネットワーク上の他の Windows 10(ユーザー所有)を検出し、Windows 10 にインストールされているアプリを起動して操作することができます。実際の流れは、Remote system API が別の Windows 10 デバイスが検出すると、Remote Launch API が Windows 上のアプリを起動します。そして、remote app services がアプリの制御機能を提供します。最後の部分は今回のリリースでは実装されておらず、今後の Android SDK のアップデートで提供される予定です。また、Project Rome Anroid SDK ではセキュリティ確保のために、OAuth で認証されたユーザーだけに Windows へのアクセスを許可します。Source : Microsoft

■関連記事
Galaxy Note 8のコードネームは“Baikal”?
NTTドコモ、PCサイトのdアカウントログイン用に「スマホ認証」を導入
イベントレポート : 沖縄で開催中の「Galaxyキャラバン」イベント

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。