ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

卑怯なぐらい相性の良い具材を詰めた『明太チーズポテトまん』、セブンイレブン中華まんに登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
卑怯なぐらい相性の良い具材を詰めた『明太チーズポテトまん』、セブンイレブン中華まんに登場

 じゃがいも+明太子+チーズと卑怯なぐらい相性の良い具材を詰め込んだ『明太チーズポテトまん』がセブン‐イレブンの新作中華まんとして2月16日に発売されます。

【関連:冬なのに夏に話題になった「アイスコールド コカ・コーラ」飲んでみた ぶるぶるぶる】

 材料の特徴は、ホクホクした食感の「じゃがいも」、つぶつぶ食感と風味の強い2種類の「明太子」、伸びが良くなめらかな味わいの3種類の「チーズ」となっており、さらに表面には明太子をイメージしたという、ゆる~いキャラクターの焼印がデザインされています。

 元々じゃがいもの食べ方には、蒸かしたじゃがいもにチーズ+明太子もしくは、バター+明太子を乗せるというものがありますが、どちらも美味しいと知られるレシピ。それが肉まんとなって1つになるとは……。期待しかありません。

 なお、『明太チーズポテトまん』の価格は121円(税込 130円)。2月16日以降に全国の各店舗にて販売されます。

(はな)

関連記事リンク(外部サイト)

ファミマの生チョコまんを食べてみた 義理を装った本命チョコにはちょうどいいかも?
スシローの義理チョコパフェ「ブラックサンダーパフェ」を食べてきた
インパクト大「便器プリン」にバレンタインVer.

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。